読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

真面目な話

世界の美しさを知るよりも、まず生きていて欲しい。

親が子供に望むことは日常生活レベルだと数えられないくらいありますが()、見る位置を後ろにずらしていくにつれて本質的なところに変わっていきますよね。「夢を見つけてそれに向かって進んで欲しい」「自分に合う人に出会って幸せな家庭を築いて欲しい」…

全ての犯罪は死刑にすればいいと思う、という話。

ちょっと吐き出しです。(※短絡的な内容の記事なのでタイトルで主義の合わない方はそっ閉じでお願いします(´ー`))私ね、最近本気で思うんですよ。罪を犯したらもう全部死刑でいいじゃん( ´_ゝ`)って。 特に子供が被害者になる事件は絶対に許せない。私が…

我が家に限っては子はかすがい「じゃなかった」理由

吐き出しです。前回「一旦終了」なんて書きましたが↓あっと言う間にまた始まりました。しかもこれまたデカいのが。

「ヘイト(主に嫌韓・反中)批判」と「原発風評被害」は少しだけ似ていると思う。

私は非差別主義者でありたいと思い、普段はそう名乗っているけれど、時々ある話題に関して一部モヤッとすることがあり、そういう時は少し考える。念の為に、私は対象を一括りに差別・攻撃するヘイトスピーチ・ヘイトクライム・差別思想には絶対反対派だ。例…

破綻に向かっている…

この間、初めて見るタイプの蕁麻疹が出ました。*1家族は特に何ともなかったので私に問題があるっぽい。肥満で肝臓がやられたんじゃなければストレスですな…(´ー`)ここんとこものすごくストレスフルなのでね。我が家の状況は、少しずつ少しずつ悪くなってい…

ワイ「宗教、嫌い(´・ω・`)」

特定のある世界的な宗教の過激派のせい、という理由がきっかけとして大きいんですが、最近「宗教が嫌いだ」という感情をはっきり意識しました(゜д゜)・・・という話なんですが、最初は荒ぶる感情のまま書いていたんですが、テーマがテーマなので少し日をおきつ…

【いつやるの?】そろそろ性犯罪者への去勢刑を制定するべき【今でしょ!】

いえ、私の個人的心情としては性犯罪者は死刑(即日)で全然いいんですがね・・・(´∀`)さすがに現実的に世の中そうはいかんだろうと思うので、間をとって考えると妥協案はこれじゃないかなと思うんですよ。 ↑※画像に深い意味はありまてん。

たった一つの「死」

※感情的な記事です。

私は現行法の極刑としての死刑に賛成派だけど、厳密な意味での極刑は別にあると思っている。

くどいようですが、死刑は賛成派です。ちゃっちゃとやって欲しい。冤罪の問題は別次元の話だと思っている。冤罪の疑いようのない事件なんていくつもあるわけで、じゃあそういうのはさっさと執行すればいいんじゃね?と思うんですよ。判決確定の翌日には執行…

父親のクズは父親だけの責任か

残念なことに、クズのキチガイ犯罪ニュースはなくなりません。クズ父親が四人の子供を焼き殺した大量殺人事件が起こりましたね。私ね、思うんですよ。クズには助力が必要だって、ね。(『人生の楽園』調で)どういうことか。私の実両親を引き合いに出しなが…

東京オリンピックの新国立競技場問題に腹が立つ話。

役所のすることには毎度の話だが、これもなかなかに腹が立つ。2000億円を超えるらしいとか言ってるけど、どこにそんな金があるんだろう。不思議でしょうがない。 ※これは自転車のヘルメットです。

クズとキチガイは逃げるしか手がない

自分の近所にクズやキチガイが住んでいたら、殺されないためには不本意ながら「逃げる」という一択しかない。残念ながら、この国には「まともな人間を理不尽なキチガイの被害から守るための仕組み」が一切ないからだ。

凡人だけどヘンリー・ダーガーと児ポ法改正について考えてみた。

『戦闘美少女の精神分析』(著者:斎藤環)という本を昨年美術館のショップで見つけて買ってとても面白く読んだんだけど、最近「すごく待つ」婦人科に健診で行った際にふと思い出してお供にしたのをきっかけに、また読み返している。頭の良い人が平易な表現を…

私がなぜ幽霊の存在を信じないか、という話。

私は幽霊や心霊系の話を一切信じません。オバケなんていない。鮮明に見たという人の話はそれ自体が嘘と言うつもりはなくて、きっと脳の見せた幻覚だと思っています。

心は自由。人は醜く、美しいもの。

私には「心は自由」という信念がある。人の思惟、それ自体にはもともと善悪の観念はないと思っている。心で思う分にはどんなことだって自由であり、批判されるべきじゃない、というものだ。

安倍さんの言葉はなぜ薄っぺらく聞こえるのだろう。

最近起きた一連の "イスラム国" 人質事件に関して、私も私なりに思うことが色々ある。その全てを記事にして上げるのは難しいが、少しずつでも書いていきたい。

夫のこと。4(まとめ)

(前回まではこちら→1 →2 →3) 一応この回でこの記事は終わりです(´∀`)長かった。

夫のこと。3

→1→2 の続きです。

夫のこと。2

→1の続きです。実は自分でもあまりに毎日一日中この記事にかかりきりすぎてて、既に飽きてきてもうイヤんなってきたので、さくさく書いて完結させてしまいたい(そしてもっと簡潔にまとめたい)ですw(´ρ`;) 長すぎですみません・・・

夫のこと。1

今回は初めて夫の話をしようと思います。夫について、夫との間にしばしば起こる 「軋轢(一般的には 「喧嘩」 なんですが・・・これについても後述しますが)」について、夫の心にある問題について、というのはここにもずっと書きたかったことなんだけれど、「…

「 When The Children Cry」~無力な大人にしかなれなかった自分への絶望。

今回はちょっとセンチメンタルな独り言です。大体このタイトル見て拒否反応の出る人は回れ右でおながいします(´ρ`)ポエムかよ!というツッコミはありです。ポエムの何が悪い(開き直り)(゜д゜)ポエムだろうと甘っちょろかろうと仕方ない純然たる私の本心な…

息子のために私は自分が弱い人間でダメな母親だと認めることにした。

そうだ、息子 預けよう。・・・そうだ京都行こうには申し訳ありません。

出口の見えない "世代間連鎖" の悩み・・・

自分のために、書いておきます。息子との超密着密室育児も一年を過ぎた最近、私が息子に対して一番駄目だと感じ、でもそうしてしまうのが本当に簡単で、いつもどうしたらこれを回避できるんだろうと考え続けて(悩み続けて)いることがあるんだけれど、それ…

「ならぬものはならぬ」という考え方のススメとその例外について考えてみた話

いえ見てないんですけどね・・・綾瀬はるかの大河ドラマですよね。タイトルも忘れたのにドヤ顔で使ってすみません(´ρ`)でも、この「ならぬものはならぬ」はいい言葉だなーと思いました。そして、それはやはり自分が子育てをしているからだろうと思ったんですよ…

「嘘をついてはいけない」をどう教えるか考えてみた話

人並みに嘘をついてはいけないと教えられて来た。自分でもなるべく嘘をつかないを信条としている。と言っても私も凡人でありともするとややそれ以下なので、子供の頃から嘘をついたことは幾度もある。でも、多少の不利益を被るくらいのデメリットなら正直で…

暗いのも、ドロドロも、グレーにしとくのも、大事。

私はダメな方の人間なので、明るくポジティブなものには懐疑的です。曾野綾子(最近老害っぽくなってきたけど)や中島義道の考え方に賛同しているので、そういう「光のあたるところにいるもの」に相対した時、それに潜む暴力性と浅はかさにまず身構えてしま…

私がtwitterを止めた理由。

SNSはmixiとtwitterのみ、ガラケーなのでLINEにも縁ナシ、という一昔前の人間モロ出しな石です、こんぬづわ(´ω`)ガラケーでもLINEできるって聞いたけど、へーと思いつつやる気はない(キリッ。そもそもやるほど友達がいない(キリッ・・・(T_T)えー涙を拭いてと。そう…

「親殺し」は仕方ない

殺人のニュースはどれも例外なく心を暗くさせるものだが、その中でも唯一「被害の理不尽さ」についてはそれほどでもないと感じる分、他の殺人事件よりは心が暗くならないという殺人が「子供による親殺し」だ。「子供による親殺し」は、逆の「親による子殺し…

信仰は自由、だけど・・・

信仰の自由はわかるんだが、そもそも信仰ってなんだろう(゜д゜)・・・と考えたときに出てきた答えは、私の中では「強化された信念」というものだった。他人にはわからない、誰しもに共通でないという意味で信念だし、その対象が架空にでも対象として存在してい…

私なら監視社会でいい。

ちょっと極論かもしれないけど。私には結構昔から、不思議に感じていることがあって、主に海外ドラマを見ている時にそういうシーンが出てきて思い出す、という形で強化されていくんだけど、それは例えば『クリマイ』で登場人物が誰か相手に向かって「俺を分…