願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

雨とコロコロとから揚げと。

雨。
残業上がりにいつもより遅く学童に迎えに行って、歩きながらここ最近ずっと変わらない同じ言葉を聞く。
「今日もいいことがなかった」

「○○くん?」

と聞くと、頷く。そして今日は彼に何を言われたか、どんな態度を取られたかをぽつぽつと喋り出す。
昨日は初めて感極まって泣きそうになった一瞬があった。
「○○くんがいるから学校に行きたくないの?」
「うん」
「○○くんにいじめられてるの?」
「…うん」
「お母さん連絡帳に書く?」
「…うん」

はい初めてのいじめ案件発生です。

ここ一カ月くらいは毎日その子の名前が出る。
何かにつけて絡んでくるようだ。

コンビニでから揚げを買って食べさせながら二人で歩いた。

コロコロコミックの発売日だから買いたい、と言った息子に。
本屋に寄るにはバスは微妙な距離なので歩いて帰らなくてはならず、いつもは今度にしてと言うシーンだが、昨日は「じゃあ歩くけど?」と言った。「いいよ!」と喜んだので歩くことにする。
途中、コンビニでから揚げを買って食べながら二人で歩いた。

無意識に出る鼻歌が聞こえた。
良かった。

コンビニのから揚げを食べて、コロコロコミックを買う。

そんなことで鼻歌が出るくらい、一瞬でも気持ちが持ち直すならまだ良い。
学校はいやだろう。その○○くんも本当にいやだろう。
でも、一瞬でも心が楽しい気持ちになることがあるなら、まだ大丈夫。

連絡帳に書いて先生にはいじめられていることを報告して対策をお願いし、息子の様子がどう変化していくかを注意深く見ていくだけだ。

これからもコロコロとから揚げで楽しい気持ちになれるならいいのだけれど。

f:id:manmaru14:20200716101017j:plain

 

どうしても自分と会わない人間や、理由もなく自分を嫌う人間、そして攻撃してくる人間。
そういう人間が世間にはいることを私は知っている。大人になるとみんな知っている。
それはなぜかというと、そういう経験をしてきたからだ。
そして、傷つきながらそれへの対応を自分なりに見つけてきた。そして、だから今ここに生きている。

小3で初めてはっきりといじめという範疇のものにぶつかった息子。

これが大事な経験になることを私は知っている。
でも、それは同時に味わわなければ味わわない方がいい経験であることも知っている。
痛みを知れば、傷つけば、他人の痛みや傷が分かるようになる。だが、痛みや傷自体は本人にとって決していいものじゃないのだから。

まだ子供だから本人の言い分だけを信じることはできないのは百も承知だ。
だが言葉でしつこく絡んでくるというのは、知能のついてきた小学校中学年以降のいじめにありがちだからね(˘ω˘)

 

 

ビッチパーフェクト…という駄話

全く更新できていないのですが、久々の更新でまたシモの詰まったくだらない話をしますよ…(˘ω˘)しかし前回の更新がちんちん●…

とある事情によりビッチの話を書いていたのですが(なんの事情?Σ(˚Д˚;))、ふと、突然舞い降りて来たのは「私が美人だったらとんでもない性悪クソビッチになっていただろう」「ブスに生まれて良かったのだ」…という悟りめいたものでした。なにそれw( ´_ゝ`)

いやほんとに創作って面白くて、書き(描き)ながら自分でも思っていない言葉や展開出てきたりするじゃないですか。
そんな中の一つとして、なんか自分について知らなかったことにハッとする(性癖以外にも(˘ω˘))ということがあるんですよね。

世の美人てみんなビッチじゃないとおかしいというか。
だって美人でモテるなら、そんな楽しいことどんどんやるよね普通(という偏見(˘ω˘))
そしたら自然に性悪クソビッチになるでしょ。
職場に美人の天然性悪毒舌がいるんですが、そりゃそうだろう…と思ったというか。
美人が性悪だろうが毒舌だろうが、男ってのは全く意に介しませんからね。あいつらチンコだからね。チンコに脳味噌入ってる生き物なんだから、そりゃそうだよなと。(という偏った認識(˘ω˘))

 

f:id:manmaru14:20200703125120j:plain

また久々の更新がち●んちん…(˘ω˘)


 

 

岡村さんに思うこと。

岡村さんに悪気がなかったことなどみんな知っている。
でも悪気がなければ何をしてもいいわけじゃないし、何を言ってもいいわけでもない、ということを彼は多分本当には知らないであの歳になってしまったんだろう。

私が思うのは、彼にどうかいいお嫁さんが来て、可愛い娘が産まれて、そしてその娘が大人になって人生に挫折して風俗に落ちればいいのになーということだけ。
お店に行って娘が出てきました、みたいなことになればもっとよし( ゚д゚)、ペッ

「休業要請に応じないパチンコ屋を責める心理」はナチス党を大歓迎で支持した当時のドイツ9割の国民と多分同じだと思う、という話。

いやほんと怖いこれ(((˚д˚;)))
この国民性、いや民族関わらず人間の心理としてそれが致し方ないことは分かっていますが、休業要請に応じないパチンコ屋も、感染を知りながら地元に帰省してまた東京に戻った20代の女性も、悪くないですからね?よろしいでしょうか(˘ω˘)

前回記事でもこれについては書いたのですが、ものすごく大事なことなので何度でも書いておこうと思います。

責めるとこ間違えてるよ(˚Д˚)

f:id:manmaru14:20200508093523j:plain

プロパガンダ」で思い浮かべるならやはりこういうタッチの広告でしょうか(˘ω˘)

続きを読む

普段は私刑は歓迎派だけど政府主導は御免なんだよ、という話

あたまのわるい萌え話が続いていましたが、ちょっと本題に戻りますよ…という記事です。ちなみにそちらは症状悪化の一途です(˘ω˘)
このかん、COVID-19に関する無能政府とズレまくり☆安倍さんとお偉い愉快な仲間たち☆への怒りと罵倒と、未だにそれを支持しているもはや国敵レベルの一部国民への腹立ちと絶望は日ごと深まる一方であったわけですが、皆様はいかがでしたでしょうか。

f:id:manmaru14:20200425112542j:plain

祖国日本よ…私があなたを心底は好きになれない理由がこれなのです(˘ω˘)オユルシヲ

続きを読む