願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

戦時下にて

息子をどこか旅行に連れて行ってやりたいと思いつつ、コロナ禍のもろもろでそんなこともできずですね(˘ω˘)

今年の学校の運動会が時間を区切って短時間で開かれることが決まった時、余計なことを……!!と思ったものだが、それはPTAとしての仕事が増える愚痴だけでなく、「戦時下でもないんだからマシ」だと自分が思っていることによるなぁ、と思ったものです。

ミャンマーやらパレスチナイスラエルやら、リアルタイムで世界ではミサイルや銃弾が飛び交って日常がないものとなっている場所があるわけで。
その「かわいそう」に比べたら学校行事がないことなど屁以下なもんじゃないですか( ˙σー˙ )ハナホジ
平時からこうやって「そういう特殊な状況に比べたら無事なんだから全然いいですよ」って割とナチュラルに思う方なんでね(˘ω˘)

ところが、ついったの日常垢を久々に眺めていたら私の敬愛する某有名知識人の方が「日本は現在戦時下のようなものである」(※コロナで)的なことを話されていて、ふむそれは一理ある…と思ったというね…(˘ω˘)

 以前書いたこの記事。↓

manmaru14.hatenablog.jp


「新しい生様式」だのなんだの、っていうのが戦争前夜のプロパガンダみたいに感じる と書いたような気がするんですか(読み返してないんか_(┐「ε:)_)、そんな私の心情を代弁するかのような本を最近書店店頭で見つけたので買ってみました(˘ω˘)

それがこちら 「暮し」のファシズム。↓

 

 

まだ読み終えていないのですが、ほんとそう……と思いながら読んでいる(˘ω˘)同じような不安を抱いている方がいる…ということが知れただけでも良かったですよホントこわい。無自覚に洗脳されていくのこわい。だってアルミホイルで心臓を包んでも六角電波の影響受けちゃうじゃないですか。螺旋アダムスキー脊髄受信体って言葉に聞き覚えある?って話ですよマジで(知っている人には有名なフレーズ(˘ω˘))


変わらず貧乏我が家としては家族旅行できないのはコロナのせい!!m9っ`Д´) ビシィ!!と全ての罪をコロナになすりつけられるという点ではラッキーではあるのですが(さもしい人間がただ漏れな文章)、「子供の頃の家族での旅行の思い出=プライスレス」だとも思う自分もいるわけで、コロナが明けたらどこかへ連れて行けるように考えないと……北海道か沖縄……などと考えてはいる……いるのです……という話でした。

書きたいことは山ほどあるのですがここ一年ほど腐ヲタ活動の方が生活のメインになってしまっていたために全くご無沙汰していましたよ……安心してください私は元気です……たぶん……_(┐「ε:)_タブン?