願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

「親殺し」は仕方ない


殺人のニュースはどれも例外なく心を暗くさせるものだが、その中でも唯一「被害の理不尽さ」についてはそれほどでもないと感じる分、他の殺人事件よりは心が暗くならないという殺人が「子供による親殺し」だ。

「子供による親殺し」は、逆の「親による子殺し」に感じるほどには、やりきれない陰惨な苦しさは感じない。

自業自得だと思うからだ。

殺されて人生を奪われるのは理不尽だが、我が子に殺される場合に限っては仕方ないよな・・・という気がしてしまうのだ。

なぜなら、もともと子供は生まれたときから親を好きなものだから。


親は自分が産んだ子供を好きとは限らないけど、子供は生まれた瞬間から親を好きだ。

そんな「絶対的に親が好き」が親に対する感情の出発点だった子供が、その大好きであるべきはず(あったはず)の親を殺す。

それは、そこに到るまでにそれだけの理由が、よほどの理由が積み重なった以外にないだろう。

悲しいことには違いない。事件が抱える悲しさにおいては、あらゆる “憎しみによる殺人” の中で一位かもしれない。

殺しは悪いことだってのも変わらない。

でも、なぜか私はホッとする。

その子が、自分が殺される前に相手を殺したことに。

だからすべての親は、自分の子供に殺されるなら仕方ない。
きっと、そうされるだけの理由があるのだ。

私もそう。

私ももしかしたらいつか息子に殺されるかもしれないが、そうなったらそれは仕方ないと思う。

息子が私を殺したいと思うまで憎み、実際に実行したとすれば、それはそこまでするほど長い間私が原因で苦しみ、私のせいで傷ついてきたということだ。
私は息子に対して申し訳ないとしか思わないだろう。

子供が親を殺したとき、恐らく詫びるのは親の方だ。

殺人を犯してしまえば少なくとも、「普通の人の普通の幸せ」はもう決して得られないのだから。

そんな恐ろしいことを犯させてしまった対象が、原因が、張本人が、他ならぬ親の自分であるなんて。