願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

【腐注意】さあ受け攻めの話をしようか(˘ω˘)

前回エントリでさらりと書いたように、ちょっとこみいった諸事情により腐オタ性質が再燃している現在なのですが、昔はほとんど気にならなかった問題に気付くようになりましたよ…という、ご同類の方以外にはどうでもいい話をします(˘ω˘)

てなわけで今回はご同類の方には見慣れた注意書きをまず。

◆このような話題を受け付けない方は回れ右してお戻り下さい。
ボーイズラブ、腐、オタ、受け攻め、という言葉が分からない方はお戻り下さい。
◆分からないけど記事は読みたい、という方は黙って温かく眺めていて下さい。
◆┌(┌ ^o^)┐ホモォ…

ではいいですかー。始まりますよまた盛大な恥の書き捨てが…(˘ω˘)

f:id:manmaru14:20170607172233j:plain

はい、多くの腐オタにとって一大問題というのが「受け攻め」ですよね(˘ω˘)

これはいわゆるセックスシーンにおいて男役女役をどちらがするのか、もっと身も蓋もない言い方をすればちんこを突っ込むのはどっちなのか、というだけの話なのですが、一般人からすればもうほんとクソどーーーでもいい話であり、現実の同性カップルにおいてはそこの二人で自由に決めればいい話であって、他人には全く関係のない問題なんですが、ファンタジーとしてのこのボーイズラブ、絶滅した古代フェニキア文字で書くならϤαoi(盛大な嘘を交えた文章)…というものにおいては、これこそが一つの国家か宗派のようなものであり、そこが違えばまさに一触即発の大戦下、という様相を呈しかねないものであるのです(˘ω˘)

ですが、上に書いたように、私自身はこの問題に関してはその本質に悩むようなことはあまりなかったのです。なぜなら、私はいわゆる「二次創作」者だったから(˘ω˘)b

二次創作というのは皆さんご存知の通り、原作のファンアートですね。腐れてはいますが(˘ω˘)
で、二次創作における受け攻め=カップリングの派閥というのは明確に分かれているもので、逆カプ同士は交流がないのはもちろん、お互い相手の存在は無いものとしているようなものなのです。
平たく言うなら「全く、全然、一つも、関わりがない国交断絶状態なので戦争にはならない(˘ω˘)」ということ。*1

更にですね、二次創作の腐作品には「キャラクターの描かれ方」で受け攻めが判別できる、というメリットがあるのです。原作があるということは作品内のキャラクターはそのジャンル者にとっては共通認識であるため、ある腐作品にキャラクターAとBが描かれていた時、Aの方が男らしく描かれていてBの方がなんとなく可愛らしく描かれていると「ああこれはA×Bの話だな」と思うわけですね。(もちろん絵だけで判別難しいこともありますが、そもそも二次腐におけるカプ表記は必須義務であり、ほぼ全ての二次作品にきちんと表記があるのであまり問題は起こらないのです(˘ω˘))

ところがですよ( ˚д˚ )

こみいった諸事情により、完全オリジナルのBLに食指を向けることになった今回…今まではほとんど感じてこなかった「絵だけ見てもどっちが受けか攻めか分からない(+属性表記がない)Σ(˚Д˚;)」という大問題が発生したのです。

これは姉さん大変です(˚Д˚)

例えばpixivでも何でもいいのですが、読みたい作品を探すとします。まず表示される絵で好みのものを選びますよね。しかしその時点でカップルの受け攻めが分かりにくいものが結構あるのです…。
いいですか…オタクには属性萌えというものがありまして、それは二次創作だと「当該キャラクター」に隠されて分かりにくくなっているものなのです…。二次創作ではまず原作があり、その原作キャラ自体にハマるので、そのキャラクターの持っている「自分のハマる属性」が見えにくい、見えていても重大な要素としてクローズアップされにくいのです。
ところが、今回ほぼ初めて「設定もキャラクターも完全に独自である完全オリジナルの腐作品」を選ぶことになり、突然自分の中のその属性萌え=面倒くさい嗜好に真正面から向き合うことになってしまったのです('A`) 

要は、カップル前提の同性二人の絵を見た時に「見た目でどっちが受け攻めだと思うか」=「どっちが受けでどっちが攻めであって欲しいと思うか」ということ(˘ω˘)

例えば私の場合だと、

受けは攻めより可愛いor美人設定じゃないと×
できれば髪色は薄い方が受け○
細目受けは×
年上受けは×
上司受けは×
ヘタレ攻めのハイスペ受けは×
ショタ攻めは×
短髪or坊主or眼鏡受けは×
ムキムキorおっさん受けは×


等々という嗜好があります。めんどくせえな!とくに「×」は俗に「地雷」と呼ばれるもので、本当に苦手な属性なので、注意が必要です(˘ω˘)
細目受けや短髪やムキムキ等、扉絵を見て分かることが多いものはまだいいんですが、年上とか上司とかハイスペとかは開いて設定を見てみないと分からないので、逆だとしょんぼりします。
カップルの絵だけ見て「わー良さそうな二人ー(*´∀`)」と思って実際に中身を開いて「あああああああ受け攻め逆うううううう!!」「あああああああ受け年上上司地雷いいいいい!」「ショタ(可愛い)攻めらめええええええ!」と机を叩くことになりますw
いいですかー。先生は黒髪ワンコ系可愛い先輩と金髪クール後輩美人だったら金髪クール後輩美人が受けです。そこで皆さんに質問です。冷静知的美形上司と黒髪ワンコだったらどっちが受けですかー。はい黒髪ワンコですね、下剋上はなしです☆ただここで注意ー。ワンコが短髪だったり、冷静知的美形が執事でワンコがお坊ちゃんだったりしたらそれはお話自体スルー!はい繰り返して!短髪受けor下剋上はスルー。
髪形も大事。おでこを隠すいい匂いのするサラサラ髪の毛は受けの命です(˚Д˚)
もちろん体格差も大事。受けは攻めより細っこくないと全然スクエアだよ!

あとですね…これは逆な方も多いと思うのであれなんですが、私は腐萌えにおいてはメガネ萎え属性なのでメガネ設定もスルーです(˘ω˘) 普段かけていない設定で時々メガネをかける…という分にはむしろ萌えるんですが、メガネキャラというのが萎えなのです(˘ω˘)謎。*2
ただ、メガネ設定については長いこと受けがダメなのはもちろん攻めもダメだったのですが、最近は味覚オンチ夫婦に目覚めたことでメガネ攻めは少しずつ克服しつつありますよ…(˘ω˘)(分からない方はスルーで☆)*3

もうね、クールツンデレ美人受けというのが腐に目覚めた時からの私の基本なのでね。クールツンデレ美人がいない作品には腐萌えはしない、という徹底振り。
まず受けありき。ほら総受け厨だからね…(˘ω˘)

ちなみに私の好みは一昔前なので、ボーイズラブに詳しくない一般の人にも分かりやすく言うならパタリロとか風木の世界です…。マライヒとかジルベールとかね。セルジュ×ジルベールなんてまんま英二×アッシュ…(違う)美少年受けが好きなんですよね。マッチョヒゲスキンヘッズ受けスキーはごめん。
だからΩの美人設定(=繁殖に特化した性のため容姿が良い)なんかはほんと私得。てかオメガバは設定がほんとえぐいよね…。抑制剤忘れうっかりヒートのラット誘発描写とかたまらんでしょあんなん。総受け厨の私にとってこんな美味しい設定ない。なんなら可愛いΩのヒート姿よりもそれに当てられるα側(※モブでも可(˘ω˘))のラット描写の方がずっとはかどるっていうね(˘ω˘)(何が?)あれ考えた海外の人は天才かな?
ただ、子育て家族モノが好きなわけじゃないのでオメガバは妊娠生活、いいとこ出産までですね。子育て漫画はBLじゃないよ派。

さてここからは余談です。誰の何について言ってるか分かったーーー!という方も内心がっちり握手をしつつ無言でスルーして頂きたいところなのですが、何と言うか冒頭でも書いたその「込み入った諸事情」というのは本懐の部分はまだ詳しく書けないのですが、心境のきっかけの一つになったのが、私が大昔、まだ若くて可愛い(後者は嘘)腐女子だった頃大好きだった作家さんがですね、20年以上振りに、その作品シリーズの完全な続編を描いて…出して…くれたのです…。ぐぐぐぐくぐぐぐぐ…いやいやいやいやいまさかまさかまさかまさか!!
生きてて良かった。
僥倖。こっそりTwitter追ってて良かった。完全受注再販に間に合って良かった。あのサークルのあのマジカルな二人のあの最終シーズンを読める日が来るとは思いもよらなんだ…何という僥倖。ちなみに腐あり二次創作でありながら、なんと公式にも許可をもらって一般コミックとして発売されていたという神作家さん。それだけ原作リスペクトの緻密で練られたストーリー世界でした。プロの人にパクられたという噂があるくらいだからね…。
味覚オンチ夫婦もこの方々の影響(˘ω˘)


はー。嫌われるオタクみたいに早口で捲し立てたような文章になってしまいましたが、まあその通りですわ(˘ω˘)…いずれ襲い来るであろう壮絶な賢者タイムがこわいです。ではまた(*´∀`)アデュー☆




↓本来の賢者タイムというのはこういうもの(˘ω˘)という話

manmaru14.hatenablog.jp

 

*1:まぁ正しくは近付けば戦争になるし戦争になれば殲滅戦になるしかないことが互いに分かっているので、近付かないようにしているし、万一近付いても一切相手のことを認識しないようにしている…というのが正しいのですが。

*2:リアルではそんな萎えは全くなく、あくまで「腐萌え」という場合の話です。

*3:まあ総受け厨なのでクイーン総受けですけど。