願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

仕事を始めて一年が経った…という話。

久々にどうでもいい前書きから始まるのですがw(´∀`)

全然更新できないのはとにかく日々が猛烈に忙しいから('A`;)なんですが、もう一つのメンタル的な理由に「世間のニュースに心がいちいち掻き乱されるから」というものもあったりします(´д`)
本来は日常のことで書きたいことが山のようにあるのに、世間で起こる日々の事件や災害、耳を疑うような出来事…等にいちいち心を乱され、それらについて吐き出したくてたまらなくなったりしていると、結局何も書けずにあっという間に時間の河に流されて行く…という状態、に常にガックリきているデイズですよ('A`;)ガックリ…

という、久々に当ブログ恒例の前書きでした(´∀`)☆さやかちゃんでした☆

この動画面白いw(´∀`)
まどマギネタを古いなんて言わないで!パチンコ新台も登場したのよ!ヽ(`Д´)ノ…という日常生活にはどうでもいい情報。


はい、10年近く振りに社会復帰をしてパート介護の仕事を始めてから一年が経過しましたよ…という話をします。

初めに「辛いのは分かってる。でもどんなことがあろうと一年は続ける(゚Д゚)」と決め、かなりの相当な覚悟と決意をもって入職したので、何とか乗り越えて来られましたが、ぶっちゃけこの一年間毎日「今日こそ辞めよう…(つд`;)」「今回こそ今月で辞めよう…(つд`;)」と思い続けてきたデイズw
なんなら採用面接の時点で「ここは辞めた方がいい気がするんだけど…いいのか私、いいのか私('A`;)イイノカ?」と思ってましたからねw

一年経過してさすがにそこまでの感覚は仄かに薄れてきたものの、介護スキルは全然上がっていない(か、遅々たる歩み。なぜならほとんど教えてもらえないから(´∀`)☆)ので、未だ自信はほとんどなく、精神的な苦しさはほとんどと言っていいほど変わっていないため、いつ何かのきっかけで「うんもういい私。辞めよう(´∀`)☆」とカタストロフィるか自分でも全く分かりません。

そのうち受けたいと思っている介護実務者研修も、会社経費で行けるのですが取得後2年間勤務しないといけないという2年縛りがあるため、なかなか思い切れずにいます(まぁ実費で行ってもいいくらいの気持ちはあるのでいいんですが…)

内容や文脈や意図に支障のない程度で多少のフェイクを交えつつ書きますが、この一年間の内に辞めていった職員は勤続年数の長い人も短い人もあわせて割とびっくりする人数です。さすが介護業界、離職率ハンバねぇ。
ちなみに他施設へ異動になった職員も5名ほどいるので、たった一年間に半分程度の職員は入れ替わっている計算になる。ちょっと怖くはある。
母体はそこそこ大きな企業なので企業理念や就業システムなど割ときちんとしている方だとは思うのですが、いかんせんそれらが実際に運用されるのは現場。上層部がどんなに理想を掲げてシステムを構築しても、運用するのは現場ですからね。

というか、これはどんな職業でも大なり小なりそうだろうと思うのですが、実際働く側からすると極めてシンプルな話であって、たまたまその職場の雰囲気が悪くストレスの溜まる状態であったり、或いは本来の仕事がしにくいと感じる状態であったりすれば、それはもうまともな従業員ほど辞めて行くわけで…(´д`;)

仕事ができて人間的にもまともで性格の良いスタッフが(恐らく精神的に疲弊して)*1何人も辞めていくのを目の当たりにしました。

代わりに、仕事ができないくせに仕事への姿勢も勤務態度もよろしくない人や、仕事はできるけれどパワハラ体質でこの人にキツく当たられて何人も辞めて行った人など…が残っています(´∀`)さすが底辺、介護業界。

一年も経って、さすがに勤務前夜にプレッシャーで寝れなくなることはなくなり、通勤中もその日の仕事のこと以外のことも頭に浮かべられるようになったりしましたが、前日は本当に行きたくないし、仕事のことを考えると気持ちが真っ暗になるし、だけれど考えずにはいられず週2~3日勤務なのにそれ以外の日も基本常に仕事のことが頭にあるから全然休めてないし、実は正直まだまだかなり辛いのですw( ´_ゝ`)

現在割と20代の職員が多い職場となっていて、それ以外でも私より歳上のスタッフ自体あまりいないというのもありそもそも話も合わないし、また気を遣わせるのも悪くて更に気疲れするというのもある。

3カ月から半年も頑張ればほぼ一人前になれるであろうスーパーの店員やピッキングスタッフやお弁当屋のパートなどには心から憧れつつ、でも介護技術を身に付けるまでは…せめて職場にいる利用者さん全員のケアをとりあえずできるようになるまでは…頑張りたい。
…と思っているのですが、なんかそれにはあと何年かかるのだろう…それまで体がもつのだろうか、という不安w

また、仕事についての不安を考えると妙に煮詰まってくるのも働き出して多少の月日が経った証でもあって。
なんというか、現実まだまだ「できないのが当たり前」の下っ端の方の半人前職員でありながらも、仕事内容の質を自覚して落ち込むというか、同じシフトについている歳下のベテラン職員さんと自分のできなさを比較して落ち込む…という、「お前はそんなレベルで悩める立場じゃまだないんじゃ?まだまだもっと頼って尋ねて覚える努力をする時期なんじゃ?(゚д゚)」と思い直しつつも、一年いるとそれなりに「もうわかってるでしょ?(´∀`)アタリマエダヨネ」というような見方もされることもあるわけで、地味に面倒なジレンマ。

とりあえず、落ち込んで行きたくなくなった時には働こうと決意した「そもそも初心」を引っ張り出して目の前に広げることにしています。
それは「何のために働くのか」。
自己実現
暇つぶし?
ダイエット?
…いいえ。
「お金のため」ですΣ(゚Д゚)

そう、私は「お金を稼ぐ」ことを目的に働いている。

だからこそ最初の覚悟を支えたもの、それは「どんなに辛くても、バカにされても、罵られても、惨めな気持ちになっても*2、そんなものもぜーんぶ時給に昇華されるよ!お金に貴賎はないよ!お給料貰えたら勝ちだよ!!」という私の(※外に出て働く一般的な仕事というものに対する)「お金こそ正義、給与こそ至宝。その他は無(゚Д゚)」という(※外に出て働く一般的な仕事というものに対する)揺るぎない信念であったのです。(カッコ内は大事なことなので2回書きましたwあくまで仕事に対してという話ですよ?(´∀`)…ってホントカナ?)

いや、今の職場でも結構いるんですが、たまに「生活に不自由しないお金があっても専業主婦なんて暇すぎて無理、私は働くわー」と言う人がいるんですよ。

いやほんとどうしよう、意味わからな水産よいちょまるw(ノ∀`)

お金に不自由してないならはたらきたくないでござる!!!(力強く)(゚Д゚)
おしまい(´∀`)

f:id:manmaru14:20110601180656j:plain

いやなんか車椅子ってめちゃくちゃ種類あるんですよ…操作覚え切れなくて泣きますw('A`;)






*1:←肉体的な問題だと長期休んだり休職したとしても退職はしないんですよね。

*2:40をとうに過ぎてから10年振りに社会復帰するということはこういう覚悟も要るのです…(´ー`)という自己紹介w