願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

息子に「ドラえもん」の次に読ませる最初の少年漫画を「ドラゴンボール」にした話。

息子が昨年ごろから、それまでの絵本のみからいつの間にか漫画を読めるようになっていて(児童書も読めるようになっていた…ゾロリとか)、コンビニで買える「ドラえもん」なぞを与えていたのですよね(´∀`)
いつの間にかと言っても現在もう小2なので、そういえばそんな歳か…と。

実はこういうことも一人っ子育児の特徴というか、悩みどころであるのですが…(´∀`;)

 息子には「(特に上の)きょうだい」がいないので、友達との密な交流もない現在の生活では、こういうサブカル的な娯楽に到るまで、全て親が与えるしかないわけです。

学校などで仕入れてくる情報をもとに、本屋へ行った時など「好きな本を買っていいよ」と言って選ばせる時に、それとなく「コロコロ」を薦めてみたりもしたのだけれど(別にコロコロを積極的に読ませたいというわけではないのだけどw)、自分から話を出していたわりに実際はあまり食いつきもせず(´д`)(結局スーパーマリオ関連か、特撮ヒーロー関連のものになる)
と言ってもそこは杞憂を実体化したような人間である私であって(←普段は欠点としか認識していないわけですが)、こういう系の準備には怠らない私ですよ(´∀`)
以前も以前から、「男の子へのおすすめの漫画」は何がいいのか、的なことは調べ回っていたわけです。

しかしもちろん、日本はサブカルチャーの先進国!であり、漫画の傑作・良作なんて眩暈がするほど膨大にあることは言わずもがな。その中で自分が読んだことのあるものだけでも全て挙げるのが困難なくらいあるわけですよ。
手塚治虫から石ノ森から諸星大二郎から……挙げていくなんてとても無理ですよw(ノ∀`)

けれども、「自分の息子に子供時代に読ませたい漫画」という縛りとなると大体絞られるのも確かであって。
私がぼんやりと「これだけは息子に読ませたいと思っている漫画」は、(子供のレジェンド藤子不二雄を除くと)

  1. はだしのゲン
  2. うしおととら
  3. 火の鳥
  4. 落第忍者乱太郎


このあたりになります(´∀`)
もちろん、これ以外にもたくさん読んでほしい作品はあるけれど、その中でも「これだけは」と思うのがこれ、という話です。

1の「はだしのゲン」は賛否色々あると思うんですが、やはり私自身が小学校でこれを読んで、戦争の恐ろしさを擦り込まれたというのが理由。
別にこれを読んだからと言って安易に左翼に走ったり、与党批判になるわけでもないと思っています。
安易に思って欲しいのは「戦争はダメ、絶対。」ということ。
この作品で描かれている表現はグロだなんだと言われますが、誇張なんかじゃないですからね…。現実に起こったことですからね。むしろ二次元だから半減してるはず。
グロだから年齢制限かけるべきだとか、バカかと。戦争で殺されるのに年齢制限あるんか?と。バカが。平和脳が( ゚д゚)、ペッ

戦争では子供も赤ん坊も死ぬ。殺される。むしろ弱い子供から死ぬわけで。今現在も戦争をしている地域のニュースを見ればわかるはず。最近も、破壊された建物の下敷きになった4歳だか5歳だかの女の子が乳児の妹を助けようとして必死に身体を掴んだものの、その子自身は死亡、妹も重体のまま…なんて目の前が真っ暗になる記事を目にして真っ暗になりました。

戦争は本当にダメです。
どんなに韓国が嫌い(大嫌い!ヽ(`Д´)ノ)でも、戦争だけはやっちゃダメ(不要なアンチ発言=ヘイトではないので注意(o^-')b☆)。

色んな方面で評判の高い2の「うしおととら」は、私自身は未読なのですが、男の子にはとても良さそうと思い、これは最大候補です(´∀`)

3.手塚治虫火の鳥」は、人間として一度は読むべき、通るべき道だという私の信念。
手塚作品には長編短編関わらず鬱になるものが多いですが、特に夫の性質を強く受け継ぎ楽天家で快楽主義者、あまり悩んだり考えたりしない息子には是非読んで少しでも何かを感じて欲しい。

4の「落第忍者乱太郎」はアニメ忍たま乱太郎の原作漫画なのですが、私自身が好きで、独身時代から全巻持っていたのですよね(´∀`)
子供向けながら忍術や時代の考証がしっかりしている誠実な作品でありながら、ギャグ漫画としても良質。
当時から「自分の子供に最初に読ませる漫画ならこれだなー」と思っていた。

ところが、実際に息子が生まれて4歳くらいになった時、あまりに本の状態が悪くて、処分してしまったんですよねー。
その時はもし息子が読みたいと言ったら買い直そう!と思っていたのですが、現在もそれを躊躇している、この漫画の唯一の欠点とも言えるのが、その処分の大きな原因ともなった理由「紙質が悪い」ということであって(´・ω・`)
…この「本文用紙の紙質」についてはまた後でも出てくるんですが、私が漫画の購入で一番こだわるところであって。
この「落第忍者乱太郎」、本文用紙があの普通のジャンプコミックス用紙というのか、ざらざらした茶色いっぽいやつなんですよ。
あれ、劣化しやすいんですよね…。
私は古くなった紙の匂いや汚い感じがすごく苦手なので、劣化しやすいザラザラした本文用紙のコミックスはなるべく買いたくないのです。もたないから。
いわゆるワイドA5単行本や文庫版だと主流の、上質紙的なツルツル真っ白な用紙の本しか買いたくない…
とにかく「落乱」は紙質がネックであって('A`;)どうか上質紙で出して欲しい…


と4作挙げたわけですが、じゃあ実際に小2の息子に読ませることを考えるとどれがいいのか、と考えると、それがどれも当たらなかった。
いや、落乱が一番なんだけど、上で書いたようにとにかく紙質が…!!!(TДT)
落乱はいつか完全版とかで紙質の良いものが出たら買う…ことにして、他の候補はなぜだめなのかと言うと、やはり年齢的に少し早いと思って。

うしおととら」もどうも人がバタバタと殺されるシーンがあるらしく、小2に読ませるには少し早い気がする。
はだしのゲン」も、事実とは言え、その表現と息子の性格を考えると低学年のうちはまだ保留にしたいし、「火の鳥」に到っては今読んでも理解自体できないと思う。
ゲンと火の鳥は少なくとも学校で社会科が始まって(今はまだ社会と理科が一緒になった「生活」という科)歴史を勉強し始めてからだろうなー。

じゃあ何!?
やはり藤子不二雄しかないのか。
チンプイ21エモン藤子不二雄(主にFの方)をエンドレスで与えるしかないのか。いやそれはそれで別にいいのだけれど。
でも息子には漫画の幅広い世界、色んな面白さを知って欲しい…

で、子供も読める国民的漫画として思いついたのが「ドラゴンボール」でした(´∀`)(「ワンピース」は私の好みじゃないので親の独断により却下。息子がその内自分で読みたがって読むのは止めないよ!)

私も読んでいたし、アニメは夕飯時に家族で見ていたし、人は…死ぬけれど、生き還ることができる世界観だし、うん、大丈夫じゃないか?
更に購入決意のポイントとなったのが、東村アキコの「ママはテンパリスト」で、まだ未就学のごっちゃんが全巻プレゼントされて読んでいたこと。
人が死ぬのはタオパイパイのところで「初」らしく、ごっちゃんはスーパーで出会ったタオパイパイに似た主婦に怯えていましたが、それくらいなら小2の息子でも大丈夫。
と、全巻購入を決意。

ところが、いざ購入を決意してみても、どれを買えばいいのかわからない。というのも、完結している作品って色んなバージョンがあるのが必須なんですよね。
通常のコミックス版に加えて完全版、ワイド版、文庫版、と3~4種類くらいバージョンがあったりするわけです。
自分用に買うならお手頃価格で場所も取らず紙質も良い(※ここ大事)文庫版が多いんですが、子供には文庫版は読みにくいんじゃないか。読んだことのある作品を手元に置くために買う、とかならまだいいけれど、初めて読む作品。そこそこ見やすい大きさの方がいいんじゃないか。*1
かと言って紙質の点から通常コミックスは論外(゚Д゚)

結局完全版に決定。

しかし、次の悩みはもちろんお値段です…(ノ∀`)
何しろ一冊1000円くらいするわけで、全巻(34巻)揃えると3万円超える。Amazonのセット価格でも33000円くらいする。

 

ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックス

ドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス

 

 

 

上でも書いたように私は古い紙や汚い紙が苦手('A`)
だから、古本を買う時は自分が実際に見て触って「このくらいなら大丈夫」と判断しないと基本的には買わないのですね。(どうしても欲しい本は仕方ないけれど、通販で買って届いて状態に泣くことはよくあるw)

だから今回も新品を買うかどうか迷ったのですが、いや3万超えはさすがに貧乏我が家にはキツい!(゚Д゚)

…と、念の為、Amazonで中古欄を見てみたら、なんと!その時たまたま幸運にも「ほぼ新品」という状態でほぼ半額のお値段で出品されているのを見つけましてね(´ー`)

もちろん「ほぼ新品」とあるからって本当にそうとは限らないわけですが、写真を見る限りかなり綺麗であり、もしも一部に汚い巻があったとしても、それだけ買い直せばいいと考えればそれでも十分お安いと判断。購入しました(´∀`)

結果は成功。
良い買い物をしましたよ…。出品者の方には感謝です(´∀`)

 


予想通り息子は大喜び(´∀`)
夢中で読んでいますが、あまりにもこればかり読んで他の事が一切できないので、制限しながら読ませています(´∀`;)

f:id:manmaru14:20190904100930j:plain


読んでも読んでもまだまだあるぅー!(´∀`*)…という漫画読みからすると夢のような状態(˘ω˘)




ロマンティックあげ~るよ~♪
今でも頬杖をついたブルマの絵とこの歌がセットで出てくる(´∀`)


*1:ドラゴンボールの文庫版はどうもないようです。