願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

老害張本節炸裂

自分も年をとってきたことがあり、張本氏の違和感たっぷりの「喝」口上にもスルースキルがついてきた…と思っていたのですが、先日28日の「肩を壊しても甲子園に行くためには投げるべきだ」という主張には久々にうんざりしました('A`)

出た、老害('A`)

高校生ピッチャーの球数制限なんて話が真剣に検討されつつある昨今(賛成派です(o^-')b☆)、バカじゃねぇのかこのジジイ相変わらずボケてんな。脳ミソ野球ボーゥだろ絶対みっしり詰まってんだろアホが(゚Д゚)

故障の危険性を考えて出さなかった監督は英断だったと思う。
本人も出たかっただろうし、監督だって出させたかっただろう。

それを、張本氏が「出さなきゃだめですよ。投げさせなかった監督はどうかと思う」なんて言う資格はない。

本当に腹が立った。

件の高校には「なぜ投げさせなかった」という苦情が殺到しているそうだ。

高校生球児にも人生があるということに思いを馳せることができない大人たちは、特攻を支持した戦時下の大人たちと同じに思える。
あちらはまだ、日本人全員の命が人質として懸かっていた(と思っていた)、という事情があるが、こちらはたかが「娯楽スポーツ」で、しかも文句を言うのは大人、実際に戦っている高校生の意見なんてないに等しい。

…奴隷かな?(´ー`)

古代ローマの闘技場かな?



子供たちにはこれから先、何十年と続く自分自身の人生がある。

それなのに、自分たちの感動娯楽のために肩や肘を壊す可能性なんて気にせず投げるのが正しい!!と主張する張本氏や、彼と同じバカがまだまだゴキブリのようにいることに反吐が出る。