願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

仕事とかいろいろつらい。

こんにちは、結局、日々「一番書きたいこと」は書けないまま、という生活のままです( ´_ゝ`)イヤンナルナ…
なので今日はちょっと書けるだけ書いてみる。

頭と心を悩ましているのは仕事のこと。
介護パートを始めて9カ月。採用面接の当日からつねに頭にある「辞めたい。」の文字は大きくなるまま、消えることがない。

毎晩仕事の夢を見るし、仕事のない日でも毎日仕事のことが頭にある。
シフト前日は緊張して眠れない、ということはやっとなくなったとは言え、異常だという気がする。

どんな仕事でも「今の職場を辞めたい」と思う理由はそう変わらず、

  1. 体力的にきつい
  2. 精神的にきつい

のどちらかか或いは両方だと思うわけですが、細かい中身が違いますよね。

私の今の職場もその両方で、そのために週2~3日のシフトから増やすことができないでいる。
で、全然稼げない。
稼げないのに毎日頭と心は仕事のことでいっぱいで、常にプレッシャーでストレスフル。

何のためにパートに出ているかというとそれは金を稼ぐためであり、最低でも扶養ギリギリまで稼げないと話にならないのですが、9カ月経った今でも5~6万しか稼げていない…という本末転倒。

慣れるまではそれで良かったんですが、9カ月経ってもこれではちょっと働いている意味がない。

ホテルのルーム清掃か、他の介護職に転職するか…常に頭にあり、PCを開けば常に求人を探してしまう。

辛い理由はいくつもあるのですが、うまく言い表せない。
でも、まずは「きちんと教えてもらえないまま他の人と同じ仕事をしなければならない、或いはできないことが周知されていないので『すみません、できないのでやっていただけますか』というのを言わないといけない」というのが一番きつい気がする。

問題はパートゆえにきちんとした研修がなく、しかしそれがないまま、他の社員の人と同じようにうっかりすれば命に係わりかねない作業をしなければならないということ。

一応ここ、大企業なんですけどね。

コンプライアンスとか虐待防止とかの研修は頻繁に強制であるのに、一番肝心の介護技術の研修はないんですよー。笑っちゃうよね。