願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』鑑賞に行ったよという話。

日本公演がこの仙台で千秋楽になるらしいと聞いたからではないのですが(特に不要な文章)、ダイハツブレゼンツ『キュリオス』を息子に観せるために一緒に行ってきました。

私も多分初のシルク・ドゥ・ソレイユなのなのですが、息子はこういうサーカスのようなショー自体が初めてなので見せてやりたかったんですよね(´ー`)

f:id:manmaru14:20190511115500j:plain

ポップコーンバケツ&パンフ。

 
結論から先に書きますが、息子は「楽しかった。また見に行きたい(´∀`)」と言っていたので、行って良かったです(´∀`)
後ろの方の席だったのでステージ上での細かい演技があまり見えなかったことや、7歳男児の理解力・共感力ゆえの「物語への入り込み方が弱い」ことなどにより最初はポップコーンとジュースを貪る方に夢中で、ショーはただ何となく物珍しげに眺めている、という感じでしたが、クロバット系が始まると一転して大興奮で大喜びに変わりましたよ…(´∀`)しめしめ。
大人の私もアクロバットを見に来たというくらいなもんで、あれらはほんと楽しかったです(´∀`)

また、会場のお客さんを一人選んでキャストにしてしまう劇も息子は大いに楽しんでいました。
猫の真似がものすごく上手くて凄かった(´∀`)

あと、ショー以外で個人的に私が感動したのはトイレで。

30分の途中休憩に一応トイレに行ったんですが、予想していた通り凄い列で並んでいて、休憩時間内に席に戻れるだろうか…と焦るレベルだったんですが、ところが実際並んでみると全く立ち止まることがなく、あっという間に進んで全く待たなかったという。
中に入って納得&驚いたのが個室が20~30個くらいもあったこと。
さすが大規模公演を普通にこなしているショー!!(゚Д゚*)
女性用トイレを制するものは世界を制するね。

今回、たまたま見つけた地元タウン情報紙のほんの少し割引チケットを申し込み、大人と子供2名で約15000円。
パンフレット2000円、会場内での食べ物で3000円くらい使いました(ポップコーンバケツ&カップのセット2200円、チュリトス350円、追加ジュース300円、ウーロン茶300円←私はこれだけ)…(遠い目)

パンレットは行った記念として絶対欲しい派だし、食べ物も飲食物持ち込み禁止だし、仕方ない。
…仕方ないとしても合わせて2万円以上はふっ飛んで行った、ショー体験費…(TДT)

映画とかもそうなんですが、まだ息子が一人では鑑賞できないものばかりな年齢なので親がいちいち付き添わねばならず、親の分の出費が痛いんですよねー…
ウルトラマンフェスティバルのショーとかもそうだったんだけど。
親は別に見なくてもいいのに。

…でも、良かったです(´∀`)

ドリンクホルダーがないから不便だなーとか色々思ったところもあるんですが、とりあえずまた次回の公演が来たら息子と行くと思いますよ(´∀`)