願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

テレビの話

テレビをあまり見ない方であるくせに、テレビについては語りたいことは結構ある…という謎( ´_ゝ`)
あまり見ないからこそ見たものについては最大限語りたくなってしまうんでしょうなw(という面倒くさい性格)

f:id:manmaru14:20180501181527j:plain

普段、昔から日本のドラマというものはほぼ見ない生活をしているのですが、以前たまたま見て面白かったNHK土曜の18時帯からの時代劇に「忠臣蔵の恋」というのがありまして、同帯で昨年末放送されていた「ぬけまいる」というのがとても面白かったです。
これは事前の番宣で知って絶対に見ようと決めて一話から録画して見たのですが、とても良かった。
ともさかりえ田中麗奈佐藤江梨子の三人が主人公で幼馴染という設定。それぞれ思うところがあり嫌気がさしていたところ、思い立って伊勢参りに出かける…という話。
道中、トラブルあり人情あり恋の話あり…多分原作がもともと良い作品だからなのでしょうが、さすがNHKの時代劇は間違いがないなーと思って安心して楽しめた。
三人の配役も良かった。
まず、この三人の女優でこの人をこのキャラにあてるのか、というのが当初やや意外で、でもそれが全く違和感なくきっちりとハマっていて、素晴らしかった。それぞれの女優さんへの好感度もかなり上がりました。

昨年見たドラマはそれだけです。

バラエティーもほとんど見なくなり、数年前はあんなに面白かったはずの「お笑い向上委員会」もここ数年全く見ていません。フジテレビのバラエティーはどうしてああいう風にダメダメ演出になっていっちゃうんですかねー。余計というか過剰な説明?中身のバラシ?が酷過ぎて全く見なくなって数年。今はどうなっているんでしょうか(夫はまだ見てるけど)。

たまに「アメトーーーク」と「ロンハー」を見るくらいです。

以前は放送される度に記事にしていた「IPPONグランプリ」も気が向いた時にホリケンのところを見るくらい。それもバカリズムと同じ組の時は見ないから、全然見ていないようなもんですね。でもこないだの大悟は面白かった。前回出演時と雲泥の差で、人間何でも慣れと落ち着きって大事…と思ったです。

年末の恒例のお楽しみだったガキ使「笑ってはいけない」も、録画していたのをそれなりに楽しみに見始めたんですが…今回はほとんど笑えなくて悲しかった。とりあえず一旦中断してしまいました。
もともと邦正ビンタと田中タイキックにはいい加減うんざりしかしていなかったところ、相変わらずのその畳みかけ(まだ邦正ビンタのところは見てないけど)…あのカードゲームのところって尺何分?あそこで笑いなんて一度も起こってないんだけど(我が家では)。
普通につまらないだけでなく、「無理矢理悪口を言うゲーム」とか…これ何が面白いの?っていうかこれが本当に面白いネタだと思っているところの感覚がズレまくっていて、不快を通り越して呆れました。
前年の「浜田黒塗り問題」に関しては私は何が問題なのか理解できない派なんですが*1、今回の悪口はコンセプトがもうダメだと思いました。
そもそもさ、邦正ビンタと田中タイキックも全く同じことなんですが、「単に人が痛がっている」のを見て笑いは出て来ないんですよ。
悪口も同じ。ただ無理矢理悪く言って、それのなにが面白いの?本気で分からない。ただもう単純に面白くない。

来年からはもういよいよいらないかなー。

それに引き換え「紅白」は良かったですね。さすが平成最後というものをダシにしただけのことはある。
最近ヒット曲がない歌手だって、平成最後を謳っちゃえば誰もが知ってる往年のヒット曲で問題ないもんね。うまくやりました。
ユーミンが出ると聞いておいおい大丈夫かと思っていたけど、声の出なさをちゃんとサービス満点でカバーしていて良かったですね。ちゃんと大人だったユーミン
サザンも出てくれて良かった。皆さん大人で良かったです。
NHKかくあるべき、という感じでなんだか「よかったよかった」という、感じ。誰目線なんだっていうw

あとは一年に一度のお楽しみ恒例番組NHK「新春テレビ放談」とTBS「クイズ正解は一年後」を見始めたところです。でも「新春テレビ放談」は今年はちょっといまいちだったかなあ…。いつものMCジュニアやヒャダイン、テレ東プロデューサーやネット番組の若手なんかは変わらず良かったんだけど、YOUはいらないなー。あと竹山さんポジションもそろそろ他の人と変わってもいい。
また、くっきーも普段は好きだけどこのナレーターはひたすらうざかったです…。フジっぽいよ(゚Д゚)キヲツケテ!

芸能関係で言うと個人的には岡崎体育にハマって終わった昨年末でした。ぼんやり知ってはいる程度だったんですが、たまたま興味を持ってもう少し知るようになって、この人って改めて凄い人だなぁ…と思った次第。
てか男性は完全に中身だけで勝負できるという最高の例だと思います。女って、どんな業界でどんな業績残そうと「でもブスじゃん」て言われたら全部終わりみたいなとこあるから。女ってほんときついですよ。どっっっっっんな世界でも職業でも容姿が無言の前提としてありますからね。アバダケダブラですよほんと( ゚д゚)、ペッ


初めて聴いた時「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい♪」でお腹を抱えて笑った、多くの人が知る名曲。息子も大好きですw(´∀`)

 

*1:あれは単に誰もが知っている警官のコスプレをしよう→そうだエディマーフィーだ!→エディを真似るためには日本人は肌を黒くしなきゃいけなかった、というだけの話だと思ってる。鈴木その子のコスプレをしようと思ったら同じ日本人だって白く塗るでしょ?てか松崎しげるの真似をする時だって黒く塗るでしょ?それ人種差別なの?