願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

母さん、いつの間にかクリスマスも終わり年もすっかり明けています…

母さん、穏やかなはずの年末はどこへ行ったんでせうね…(´ー`)カゼニフカレテケイコクヘオチタヨ

更新遅すぎ遅杉くん
(auCM高杉くんネタのひねりもセンスもないパクリ(o^-')b☆)ですが、昨年はこんなブログにおいで頂き、大半つまらねえくだらねえ垂れ流しに耳(目)を傾けて付き合って下さり、ありがとうございました(TДT)
毎年言っている気がしますが、甚だ不本意ではありますが本年もこんな感じでだらだら行くと思います…ので、もしよろしければお暇な時に時々見に来てやって頂けると本当に嬉しくありがたいです(´∀`*)

さて、正月三が日はほぼ仕事で終わりました(´ー`)←もともと夫と息子だけ義実家に帰省する予定でシフトを空けていたのでこれ自体は別にいいのです。

ただ新年早々の仕事でこれまた色々ありましてね…(遠い目)
チームリーダーである主任さんに優しく言われたのは「大丈夫!石さんはすごく頑張ってる。きっとわかってもらえる人だから!私の見立てでは今年じゅうには『わぁ今日石さんが担当なの?嬉しいわー』と言われるようになってるよ!」。

えっ…(´∀`)ちょっと主任さん…
「今年じゅう」…(´∀`)…?

…遅っ!!Σ(゚Д゚;)おっそ!!おっそ!!(゚Д゚;)

主任さんはあくまで良い方に励まして言ってくれた言葉なのに、えっあと一年もこんな状態が続くの…どんだけだめなの…私…と凹みましたwテヘペロw
てか、それまでもつか自信はないよ!(o^-')b☆

あと、今年も年賀状で自分を見つめ直したりしました。

以前からこの人はもういい…と思っていた人から去年は来なかったのでこれ幸いとこちらも今年からは出さず、切れたと思っていた人からまた来てた。
なんなんだろう。
かと思えば、これまで何十年もこちらが全く返信しない間も出し続けてくれていた高校の同級生、私が結婚して年賀状を普通に出すことをするようになった10年前からこちらも普通に出すようになり交流が復活していたのですが、昨年引っ越した際にその連絡とともに「会いたいので連絡ください~」的なことを書いて送ったはがきに何のアクションもなし。
そして、なんと初めて年賀状も来ませんでした。うーん…ちょっと意味がわからない。なんなんだぜ(゚Д゚)ポカーン…

また、独身時代から仲良かった友人は昨年は仕事が忙しくて年賀状が来ず、本当に仕事が大変なことは以前から知っていたので心配になって連絡したらそういうことだったのですが、今年も来なかったのでああ…これはもうそっとしておく案件なんだな…と悟りました(´ー`)
上で書いた友人と同じように、こちらの友人も「引っ越しましたハガキ」に何のアクションもなかったんですよね。LINEの一つも。
私のことを嫌いになったわけじゃないかもしれないけど、人の心は複雑なだから、簡単に窺い知ることはできないよなと。
実は年賀状が来なかった去年からもう交流は控えたいと思っていたのかもしれない。去年もその可能性は考えて迷ったのだけれど、長年付き合ってきてそういうことはあまりない人だと判断し、迷うくらいなら連絡する!と決めて連絡してみたんだよね。そしたらいつもと同じ反応でホッとしたわけですが(友人自身は忙しすぎて今回は誰にも出せなかったんだーと言っていた)、さすがにここまでアクションに反応なしだともう色々わきまえなきゃいけないのだろうな…と思ったり思わなかったりラジバンダリ(もういい加減古杉くん←また言ってる)。
一昨年東京から宮城に戻ってきた時もすぐ会ってお茶をしたり、家にも遊びに来てくれたりしたくらい仲良くしてくれていた間柄なので、こんなにアクションがないとは、つらいけどさすがにな…(´・ω・`)と悟らなきゃモードです。

こういうことを書くと本当に私の性格が如何に悪いかがバレるのであれなんですが、まぁここではもともとバレているというか隠すこともせず書いているので別にいいんですが(面倒くさい前置きw(ノ∀`))、我が家は本当に底辺付近の家庭であってですね、「マンション=持ち家を買った」と言ってもそれは「中古マンションを買った」であり、正しくは「低年収35年ローンでやっと買えるとても安い金額の古くて狭い中古マンションを買うしかなくて買った」であるじゃないですか。
ぶっちゃけどこのどなた様にも決して羨ましがられる要素はないわけですよ…。
でも、そんなことをわざわざ自分から書面に書くのはあれな人な気がして、書きたくても書かないし、特に言わないわけですよ。会った時には冗談めかして言うかもしれないけど。
でも、人の感情って水もので、複雑微妙なものじゃないですか。
私だって以前東京で仲良くしていたママ友が新築マンション(東京23区内の駅近だし間違いなくある程度お高い=うちからするとすごーくお高い)購入したとの報告を受けた時に返信できなかった。たまたまその時、自分たちがこれからどうなるのか不安が過渡期だった時だったからというのはあったけれど、自分を本当に嫌になったし、クソみたいだなーと思ったわけですよ。

でも、人ってそういうものだとも思っていて、自分が(※あくまで自分自身の気持ちの中で)幸せじゃない、満たされていない、と感じている時に、いくら親しい間柄といっても他人の幸せや幸運を祝ってあげられるのは簡単なことじゃない。
本当にはその他人がどういう過程があってどういう事情があるのか、内情は一切知らないわけですよ。うちのようにギリギリローンを組んで、普通の人が頭金にするくらいの金額の物件を何とか購入したかもしれなくても、そんなことはまさか思わない。
「へー…マンション買ったんだ…(中古だけど今は中古だってそれなりのいい物件はあるわけで)幸せそうだね…なんか別にもういいじゃん私なんかともう話合わないし…」とか思ったって全然普通なわけですよ。
てか、私自身がもともとそういう人間であるわけだからそうなんですが。

しかし、逆説的っぽい話ですが、もともと私自身が自分が性格が悪いのをよーーーく自覚していてですね、例えばそもそも常にあーあー金持ち爆発しろ( ゚д゚)、ペッとかいう思いで生きている人間なわけであるわけで(最☆低(o^-')b☆)、もともとは他の人はそんなこと思ったりしないのだろうと思い込んでいたのです。
汚れているのは私だけなんだろうなーショボボン(´・ω・`)生きててごめんなさい、という考えだったんですが、それはある意味では自分勝手で自己満足以外の何物でもない考えであり、思いやりの欠片もない思想であると気付き始めましてね。
他人様だって決して自分とレベルの違う聖人なんかではない、自分と同じ人間であり、自分に施して当然!というボーダー思考はいけない、と気付き始めて、思い至るようになった考え。
そもそも、これまでの私の中には「他人が私のことを羨むはずなんかない」というそれはそれは強力な思い込みがあり、そのせいで逆に自己中心的で傍若無人な態度になっていたんではないか…(((゚д゚;)))という、強烈な自己嫌悪と自責の念に襲われ始めている現在なのであってですね…

他人様にも(きっと)色々あるのだ、という、当たり前のことが頭では分かっていたものを、やっと真に分かりかけてきたというか。

本当に私はヒト未満の人なのだなぁ…と呆れ脱力しています(ノд`)カナシキモンスター…


…などと、新年からよく意味の分からない&分かって頂いたとしても微妙な内容の更新となりましたが、今年もよろしくお願いいたします(´∀`)四句夜露❤

 

f:id:manmaru14:20190106184036j:plain

↑こちらのインスタ映えという言葉から遥か彼方に置き去りにされたような写真の謎の物体は、先日誘われて初めて行ったIKEAのレストランで食べた付け合わせが美味しかったので何となく真似て作ってみたもの。
食べたのは多分他にも色々入っているものなんですが、これは茹でたじゃがいもとブロッコリーをお団子にしただけw(´∀`)
冷凍で売っているんですが車じゃないから買えないー。
これをワサビ入りのタルタルソース(これも売っていてこちらは買った)につけて食べるとウマー(゚д゚∗)
魚のフライやお肉の付け合わせにするとなかなかよいです(´∀`)