願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

【パート】「力無き正義は悪にも劣る…」(※ちょっと違う)と感じた話【面接】

最近、あちこちパートの募集説明や採用面接に出向いて回っていたんですが、その中のある責任者の方の話を聞きながらぼんやりとした違和感を抱いた…という小話です(´ー`)

f:id:manmaru14:20180930090648j:plain

お刺身の上にタンポポを載せるだけのお仕事です(´∀`)(※嘘です)…という古いにも程があるネタ(´ρ`)☆刺身だけに。←ダメ押し

 
まぁ何と言うか平たく言いいますと、現場の苦労を知らないで理想を語っている、というような感じがしたんですね。
しかもそれが、その業種の経験がない=その「現場」を実際に知るはずもない私にすら伝わってきた…という。それほど一種の異様さがあった。

ここやめた方がいいんじゃないか…と一抹思ったものの、もし採用となったら無能無才な中年主婦を採用してくれるだけで有難いわけで、とりあえずお試しで働かせて頂くことになったんですが、やはり…いざ内部に入ってみると聞こえに聞こえてくる従業員の方の不満や愚痴であって(´ー`)
しかし、それらもただのよくある不平不満というものではなく、仕事やお客さんに対して真摯に向き合っているからこそ出てくるといった感じのもの。
懸命な現場から上層部に対しての「事件は現場で起こってるんだ!」的な不満、という感じのもの(若干喩えが古すぎて分かりにくい文章)。

特にその責任者の方=支店長に関して多くの従業員の方が良くは思っていないようで、噂に聞くと最近何があったのか「支店長は従業員のことも客のこともこれっぽっちも考えていない!」と涙ながらに憤って同僚に慰められている方もいたらしく…(´д`;)オオコワイ

基本的には客対応がメインの仕事でありつつどうにも人員が足りておらず、そのせいで出勤している人に負担がのしかかるというよくあるやつなんですが、ブラックだと思うのが「その分の時給がきちんと計算されていない」ことが多いということ。いわゆるサービス残業・サービス出勤的なやーつー。
例えば1時間昼休憩があるとすると、それが削られることがしばしばあるようなんですね。
午前の仕事が押すと15分押しや30分押しになってしまうわけですが、遅く休憩に入ったからと言ってその分遅く休憩終わりになるわけじゃないのです。休憩終わりは本来のシフトの通り。つまり休憩を削って働いた分は無給(((゚д゚;)))エエーーーーー!!
バイトさんやパートさんはそこそこ配慮されているようではあるものの、社員さんたちは割と常にそんな感じ。

社内コンプライアンスが叫ばれて久しい昨今、今時こんな職場があるんだ…(((゚д゚;)))と久々にびっくりでした。

さて。
面接の際に支店長がした話自体は別に悪くはなかったのです。
普通に「お客様を大事に、お客様のことを第一に考えて仕事をして欲しい」という客商売なら当たり前の内容なんですが、私が違和感を抱いたポイントは従業員のことを良く言わなかったこと。
「確かに時間に追われるところもあるし、どんどん処理していかないといけないこともあるんだけど、でも、それはこの仕事の本質じゃないんだよね。とにかく早く仕事をこなそうとする人もいるんだけど、それがいいわけじゃないからさ…お客様の満足が一番だから…」と、なんとなーく「今いる特定の従業員を暗にディスるような言い方をしたのが引っかかった。

後で聞けば、その支店長は最近、他支店からこちらに着任したばかりであるらしく、どうも元いた支店と比べてこちらの支店の現状が色々気に入らないようなのですね。

古巣が良く見えて、新参で入る場所が気に食わなく見えるという気持ちは分かるけれど。

でも。
私が見た限りだけでも本当に人手が足りないようで一日中忙しく、しかし一日に対応しなきゃならない仕事や作業の量はもともと大体決まっていて、それは足りない人手でのんびりやって回せる数じゃない感じ。かといって客相手の商売だから適当に手を抜いたりミスをしたりすることも基本的にはあっちゃいけない。それなりの緊張感とプレッシャーはある。
それで「仕事をこなすだけじゃなく一人一人のお客様の心に向き合って…」なんて言われても無理だよなぁと(´ー`)ムリダワサ。

これまで、業種は違えど現場に普段関わっていない上層部の考えと現場の実態が全然噛みあっていない、という今回のような(よくある)状況に難儀した経験は私にもそれなりにあるわけで、「ああここもそんな感じで…(´ー`)」と思ったというね。

特に長い社員の方々などは本当によく頑張っていて、もし私がこんな会社の社員だったら「やってらんねーよ!ヽ(`Д´)ノオラヤメタ!」となるだろうところも(サラッと社会人として最低な文章(o^-')b☆)、「お金を頂くお客様」や「それぞれの仕事への責任感」でいじらしく乗り切っているように感じた。
また、支店長が言っていた「数をこなせばいいってもんじゃない」は恐らくこの人のことでは?と思われた人の仕事ぶりも、実際見てみるとその作業の量が半端なくて、しかしその人は最低限配慮をしながら丁寧に、しかしスムーズにそれはそれは「プロの仕事」でこなしていて、何というか…「いやいや支店長…アナタはこの人に感謝こそすれ、ディスるなんてとんでもないんじゃ(゚Д゚;)?」としか思えなかったという…。

支店長は物腰も言い方も柔らかく、穏やかで優しいまさに紳士!という雰囲気の人なのだけれど、上辺だけというか…何だろう、現場のことは何も見ていない、見ようとしていないのだなーというような感じ。
どうも職務上の何に対しても「他人事」な感じが目につくというか…他の小さいことでも何となくそういう雰囲気が現れていて、あーこれは人を使う側になっちゃいけないタイプの人だー…と思ったのでした( ´_ゝ`)
従業員にはしょっちゅう「みんな、疲れたら無理しないで休んでね」とか、私にも「分からないことは何でも気軽に聞いてね」とか、さも優しく言ってはくれるんですが、実際は手を止めて休めるような状況では全くないし、こちらが気軽に聞けるほど余裕のある人もいない。(そもそも人が足りないので分からなくて困った時に周囲を見回しても誰もいない…ということもしばしば(´∀`)☆)

なんだかなぁ…

悪い意味で全部現場任せ、自分は手を出さず上にはいい顔をする、というタイプの上司なんじゃないかなぁと。たまにいますよね。でもこの人はただの上司じゃなく、一応現場のトップである支店長だから厄介だなぁと…。
本社の人なんてほとんど来ないし、例えば「社長が現場に潜入するよ(o^-')b☆的なテレビ番組」の取材でもない限り、本当のトップに実態なんか分かりようもないわけで(実際は本社や社長も支店長と同じようなスタンスでないとは限らないし)。

支店長の言っていることが理念としてどんなに正しくても、それができる土台というかきちんと回るための仕組みがなければ絶対に無理な話であり、所詮「現場を知らない上層部の理想論」。
いくらトップが正義をふりかざして士気を高めようったって、実際それをするための「力」が全くない状態で無理矢理部下にそれを押し付けてくるんだから、理不尽な負担でしかない(=悪)。
パワハラだと分かってやっている上司の方が自覚という意味ではまだマシなんじゃないか?

数年振りに社会復帰を計画してみた現場からは以上です…という話でした(´ρ`)アホホ