願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

この暑さで人はどんどん死ねばいいし、東京オリンピックでも人死にが出ればいいんじゃないか。

中二的に過激なタイトルですが、中二でなければ危険思想でマークされるかどこかにぶちこまれそうな短絡的且つ不謹慎極まりない文言であることは重々承知の助で、敢えてこのまま上げている…というか、実は現在の私の心情を一行で表すと結構本気でこうなってしまうんじゃないか…(´・ω・`)という話です。
もちろん逆説的な意味であるわけですが(これ以上誰にも理不尽に死んで欲しくないよ!!)、それはなぜなのか、これからその理由を長々と書いていくのですが、この時点で不快が止まらない人や嫌な気持ちになった人はここで引き返してください(`・ω・´)ニゲテ!品性の下劣な人間(=私)が胸の内を吐き出す当ブログはあなたの不快を押してまで読む価値はゼロです

f:id:manmaru14:20160317094305j:plain

 

いきなり結論全開で行きますが、後述する「日本人特有のこの手のバカさ(※自分も含め)」というのはもう本当に凄まじく、また根が深く、人がバッタバッタと死に続けて行くでもしない限り変えられないんじゃないか…という絶望がその理由。
1人や2人ちょろっと亡くなっただけでは全然効きません。動きません。我々日本人の「特殊な正常性バイアス」は恐ろしく強力です。

順を追って説明するとですね、この今年の猛暑、異常な高温というものがあって、愛知県で小学1年生の子供が校外学習のせいで亡くなりました。
こにニュースを聞いて多分少なくない人が「こんな時に片道1kmも歩かせて校外学習に行くなんてバカじゃねえのか!?Σ(゚Д゚;)」と思ったと思うんですよ。思いましたよね?
そう、大バカです。
けれど、愛知県のその小学校が特別バカだったというわけではなくて。たまたま愛知県のその小学校でそうやって幼い命が無能な学校によって奪われ大きなニュースになったというだけで、また、他の少なくない小中学校で(高校もありましたよね)集団で倒れて搬送されたりもしているわけで、更に、まだニュースになっていないだけで酷い環境に置かれてもしかすると疲労の蓄積で死ぬ直前でギリギリ夏休みに入って回避できた…そういう児童や学生となるとかなりの人数がいたりしていると、普通にそう思うわけですよ。

でも、日本てそういう国なんですよね。小学生が亡くなった愛知県だけが酷いわけじゃない。これが日本。悲しく恥ずかしい話ですが。

そもそも、どれほど高温になろうと、台風でも災害でも出社する義務が自分や家族の命や健康よりもまず最優先事項に来る我々日本人は「暑さごとき」で仕事を休んだり学校を休んだりすることは絶対にないわけです。というか、日本人の特殊な習性上、絶対に「できない」と思われる。

日本以外の国ではそういう特別な場合は自己判断で休んで問題になることはほとんどないというのは以前から知られていることですが、この手の「気温」に関してもそもそも国によっては法律で「最高気温が28℃以上の日は休校」と決まっていたり、会社の規則で同じように定められていたりすることもあると見聞きして少し驚いた。「会社が従業員の命を守るのは当然」という話。
だよねー(´∀`;)本来それが当たり前なんだよねえ…。

(この話をしていくと話がずれるので今回のテーマに必要な話だけに絞りますが、)「大人の社会人よりも現実的に行動の自由度が低い」小中学生の環境が地獄になっている、というのがもう言葉が出ないですよね。
今は大抵の私立幼稚園、そして保育所にはエアコンがありますよね*1。体温調節がまだ未熟で代謝もよく汗をかきやすい、そして身体が小さく輻射熱を受けて体温が大人よりも上がりやすい小さな子供が、6歳になって小学校に入った途端、扇風機しかない猛烈な暑さの集団生活に放り込まれるわけです。
幼稚園や保育所で例え暑くても「先生あついー」と自由に言えていた環境ではなくなり、社会性も芽生え始めて「我慢しなくては」「自分だけ言うのは恥ずかしい」という思いも手伝って、苦しくても言えない小さな体は暑さで機能を停止した…

このニュースを聞いた時、胸が潰れる思いがしたのは私だけではないはず。
朝「行ってらっしゃい」と元気な姿を送り出して、小さな遺体となって帰ってきた子供…
どういうことですか?
文字を打ちながら何度でも胸が苦しくなります。
異常高温だから屋外での行動は控えて欲しい、と気象庁は以前からずっと呼びかけていましたよね。事件のあった豊田市では当日朝9時の時点で30℃を越えていて予報では最高気温35℃、もちろん高温注意報も出ていたそうですよ。バカじゃねえのか。

そもそも温暖化で年々全国的に気温は上がり続けていますよね。例外は挟みつつも長期的に見れば確実に日本は暑くなっていて、それでも高校野球は真夏の真昼間に西日本の炎天下でやるし、東京23区以外の公立小学校では教室にエアコンなんてないのが当たり前だし、未だに水筒持参を認めていない学校はあるし、水筒は奨励していても中身はお茶か水のみでスポーツドリンク不可のところもまだまだ多いし(息子の小学校もコレ( ´_ゝ`)ドウカトオモウ…)…
30~40年前くらいの「真夏でも30℃越えなんてそうそう当たり前にはなかった日本の夏」のまま、変わっていない、変えられない、人が死ぬ前にと危機感を持って啓蒙してくれる存在はあるのに(気象庁とか)、結局は人が(大量に)死ななければ動かないこの国のもはや正常な機能を停止していると言わざるを得ない政府と教育機関
ちょっと冷静に、よく考えてみて欲しいんですよ。これが正常な国ですかね?(゚Д゚)
これって正常な民主主義の先進国の姿だと思いますかね?

私は全くそう思いません。

現在この国は残念ながら、(自民党一党独裁の)後進国です。
(自分たちの支持層である年寄りを何より優遇し、)減り続けている子供が殺されていくのをただ遺憾に思いながら放置する、滅亡前夜の国ですよ。

原発だってそうですよね。この話題は好きじゃない人もいるかも分かりませんが、好き嫌いで済む話じゃないので構わず書くよッ☆(o^-')bロリッ☆(フジリュー封神演義の胡喜媚調で)
東日本大震災における福島第一原発の事故で自殺された福島の農家の方がおられたことを覚えていますか?と私は基本的には誰彼かまわず常に聞きまくりたい人間なんですよね。
この国で、原発事故で自殺者が出ているんですよ?(゚Д゚)「安全な」原発が世界有数の地震国で起こった地震津波の被害を受けて爆発して、炉心溶融してばら撒かれた放射性物質育てた野菜が汚染されたことによって。
忘れてませんか?
このことって当時相当ショッキングに受け止められ、今もショッキングな事実であること自体は何も変わっていないはずなんですが、自民党支持者の「ザ☆勝ち組☆」の皆さんはもう忘れちゃったんですかね。あれだけの被害を出して今もまだ全然終わってないんですよ?原発廃止に行くのが当たり前であるはずの状況で、まだ「再稼働」とか言っている国とそれに対してもう風化してしまっている国民。
原発再稼働でまた街に活気が…なんて言っているジジババ以下全員認知症かただのもうろくですか?( ゚д゚)、ペッ

日本は愚者による後進国ですよ。

例えば最近オウムの松本智津夫が死刑執行された時、「執行されたことで神格化の懸念が」と言いながら(それをする重要な必要性も感じられない番組構成で)ただ話題への興味引きのためにバンバン当時の映像を流し、よく知らない今の人間にうっかり軽い興味も与えかねないような報道の仕方をしていたマスコミ。
電通事件でつい最近まで過労死の問題が叫ばれていたはずなのに過労死の温床間違いなしの法案が可決されたり、他国が軒並み失敗して戻しつつある水道民営化をしようとしていたり、野田元民主党総理から実質「議員定数削減を条件として」政権を取り戻したのにいつまでも実行しないばかりかここへて参院議員を増やす法案を押し通したり、(これも忘れられていますけどかなりの大ウソつきですよね安倍さんは。何一つ信用できないよッ☆(o^-')bロリッ☆)何人幼い子供が親と言う名の鬼畜から虐待を受け命を落としても何ら当局による保護制度は改革もされず、なくならない天下り官僚から裏口入学官僚からいじめもみ消し教育委員会から女子児童殺し保護者会会長からいじめ自殺者を短期間で何人も出しておきながら未だに何の対策もまとめられない無能な仙台市から…当たり前に書き切れませんが、何から何まで…もうね、私の超個人的感情の発露をすると、責任者は全員死ねばいいんじゃないですかね、ほんとに。死んでくれないかなほんとに…日本のために(゚Д゚)と私は思っていて。いえこういう風に文章として誇張して書いているわけじゃなくて、実は私はほとんど本気で心からそう願っている…という私自身が一番アウトっぽいというオチなんですが…(゚Д゚)*2

…私自身がアウト思想なのは置いておいてもですね、これが日本なんだよなあ、という私の絶望を、自分自身も他ならぬその日本国民であるという絶望と共にここに書き留めておきたい。そんな強い気持ちでこんな駄文をここに置いていくのです。
というか、「This is JAPAN」=これこそが日本です(´∀`)と言い換えて差し支えはない。もうね、偉そうに言いますが、これこそ日本的なるものの正体です。*3
愚の骨頂です。


…と鼻息荒く書いてきましたが、私自身の超極端な危険思想はさておきですね、無実の国民がその理不尽の犠牲として1人や2人死んだくらいじゃ何も変わらない、変えようとしない、のが日本という国であり、我々日本人という種族なんだ…ということは改めて書いておきたい、書いておきたいのです。
私たちはこのことをいい加減はっきりと自覚した方がいいと。そりゃそう簡単には変えられなくてもね、「これは変えなきゃいけないんだ」と思っていなきゃならない、とそう強く思うのですよ…(´・ω・`)いかがですか。

結局何が言いたかったのかと言うと、要は日本国民が何人死んだって変わらない国なら、オリンピックでわざわざ日本に来てくれた外国人が猛暑の犠牲になれば(海外への対面重視の安倍国家なら特に)さすがに慌てて対策を取らざるを得なくなるだろう…と思っている、という話(´ー`)

以上です。










 

*1:転園してきたこちらの息子の幼稚園にはなかったんですがー( ´_ゝ`)カンガエルベキ…

*2:私は「心で思うだけなら何でも自由」という信条です(o^-')b☆

*3:ググったら「This is vintage Japan, isn't it?」なんていうこじゃれた(?)言い回しもあるようですな(´∀`)ふむふむー。