願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

ドラえもんの映画に感じたモヤモヤ…という駄文(ややネタバレあり)

前置きなのですが、今回の記事は多分に重々大人げない内容であり、単なる私の個人的な心情と老害的なものによるもので、そういう意味では完全に駄文ですので、この作品と現・ドラえもんが好きな方はこんな駄文は全く気に留めないで頂けると幸いです(´∀`;)エヘヘ

f:id:manmaru14:20180318090448j:plain

 
息子が観たいと言うので映画ドラえもん のび太の宝島に連れて行ったのですが、私自身は最初から興味がなく見たい気は全くなかった。だから、最初から見る気のなかった作品に対してこんな批判まがいのことを言うのもおかしな話なんですよね(←もともと期待していないわけだから)。なので今回の記事は息子含め子供たちが楽しければそれでいいのです、というのは大前提としてお読み下さい。

ただ、なんでそんな前書きをしつこくしながらも感想を書いたのか…というと、私も一応は旧アニメドラえもん&藤子先生原作ドラえもんで普通に育ったドラえもん好きの人間のはしくれではあるわけで(ウザい感じの文章)( ´_ゝ`)そりゃ「新」と「旧」は似て非なる別作品としてもですよ?一応「ドラえもん」は「ドラえもん」であるわけで。
これだけはどうしても言わせて欲しい…と感じたことだけを書き記しておこうと思います(´ー`)

まず、個人的に良かったところと良くなかったところをざっくり箇条書きで挙げておきますと、

●イイ!(´∀`)ポイント

  • 入場時にお馴染みのおまけおもちゃを貰えるのはイイ!(´∀`):やはり嬉しいものです。
  • のび太がそれなりにバイタリティーがあるのがイイ!
  • 仲間たちと平時からそれなりに対等な友人関係であるのがイイ!
  • のび太が雑に作ったから船のマストが折れたという分かりやすすぎる伏線が逆に子供にはちょうどよくて良かったのかなー

 

●イクナイ!('A`)ポイント

  • 「あの二人」をそんなに簡単に敵が見間違える?劇中でも言及はされてたけど髪の色違うし無理矢理すぎるなー。←藤子(・F・(←顔文字ではないのです))不二雄先生ならこんなに雑な脚本にはしないのでは…
  • 食べ物の無意味なハイグラフィックに感じるジブリっぽさ
  • 敵含めゲスト登場人物たちに感じるジブリっぽさ
  • ゲスト少年少女が主役過ぎる(&ポケモンぽさ)


身も蓋もない感想ですが、一言で言うなら「全体的なジブリ臭さがとてもとても嫌でした…( ´_ゝ`)」という。
もちろんこれは決してジブリ(≒宮崎アニメ)をディスっているわけではなく(ここ大事!)、あくまでジブリじゃなくてドラえもんを見に行っているんだ(`・ω・´)」という強い思いであって。ジブリを見たいならジブリを見に行くんだ…(´・ω・`)ダヨ…」という。そんな自分の中のはっきりとした意思表明を想起させた、という類のお話。

そもそも、この作品だけじゃなく「新」になってからの長編はリメイク含めてその傾向がほんのり強くなっていると感じることなんですが、モブ脇役たちの描き方がもろジブリなんですよね。藤子先生の描き方じゃないというか。藤子先生は感情移入させるキャラをこんなに無闇に増やしたりしないんですよね。創作ストーリーの基本中の基本だと私も思うんですが、演出としてきっちりその的(大抵主人公側)を絞ってくる。
案外見過ごされそうですが本来ここは大事なところで。特に子供向けの作品はそこがずれると子供はどこに視点を置いて楽しめばいいかわからなくなって作品に入れなくなってしまう。
大人向けならいいかというと私は決してそうではないと思っていて。
感情移入させる対象キャラ自体はその作品毎のカラーや設定によるので絶対これはダメ、というものはないわけですが、活躍させる「主たるもの」は誰か(何か)、というのは最低限揺らいではならないだろうと。だってそこが揺らぐと別作品になってしまうわけで

今回上で挙げたダメだった部分は、全部そこが原因です。

映画を見た人前提の書き方になるので見ていない人には伝わらないと思うんですが、もうなんか全部が酷かった
敵側の描き方からオリジナルキャラクターの造形から味方の描き方からそもそものストーリーまで。キツい言い方ですが本当に残念でした。この話は「ドラえもん」ではなかった
魅力的な脇役を描きたいという気持ちも分かるけれど、それはジブリにまかせてドラえもんドラえもんの面白さをきちんと踏襲して欲しいというか、特に今回の作品に関してはドラえもんのび太たち側の活躍をしっかり描いて欲しかったです。

私の個人的な意見なんですが、誤解を恐れずに言うならのび太たちより魅力的(に見せるような設定)なキャラ」を出すのはもう「ドラえもん」じゃないんだよなぁと。だってそれは実質的にその話の「主役」ということだから。
ドラえもん」である限り、主役はいつも絶対にドラえもんのび太たちでなきゃいけなくて、オリジナルゲストキャラであってはいけないと思うわけです。
もちろん旧長編にも魅力的なキャラはいたじゃないか、というのはその通りです。全部思い出せないけどリルルとかねー(´∀`)でも、ここ不思議なんですけど、旧作の彼等はのび太たち主役を決して食ってはいないんですよね。キャラとしてちゃんと魅力はあり、のび太たちとも心を通わせ、共に戦い共に笑い、大切な仲間の一人になっても、でもお話の主役はいつも絶対にのび太たちだった。
これ、ずっと当たり前のことだと思っていて、それ以外を疑ってもみなかったことですが、ところが近年の「新」になってからのリメイク含め長編を見ていると、もしかしたらそここそが藤子先生の偉大なところだったのでは…(゚д゚;)と思ってしまうくらい、旧長編はその主役軸がぶれていなかった。そして、ここが一番大事なことなんですが、それできちんと面白かった、のです。
毎回毎回、テーマとゲストキャラは違うものの、いつものび太たちがきちんと主役で、のび太たちの活躍や行動や心情にズームしてぶれなくて、それで毎回ちゃんと面白かったんですよね。

それがこの映画はどうでしょうか。最初に出てきた時から('A`)ウヘァとなってしまったジブリタツノコプロのような女敵、食堂のもろジブリ的な頼りになる系お姉さん、そしてそのジブリっぽさムンムンの手下たち…、さらに(こちらは特にジブリっぽくはありませんが)妻を失って自分の信念に妄信的になった海賊首領…と、お話として視点が盛り沢山ライフ。目が散る散る(゚д゚)
ストーリーも完全にドラえもんたちがゲストで、本来ゲスト設定の兄妹、特にポケモントレーナーの兄が完全に主役じゃないですか( ´_ゝ`)

これは完全に「SF系ジュブナイルドラマにドラえもんたちがちょっとお手伝い(o^-')b☆」という作品…(遠い目)

のび太たちの活躍が完全にかすんでしまっていて(ジャイアンスネ夫がまぁ不憫すぎる(ノ_;))、細かいところも全部ご都合のミニドラズで片付けられていて、更に更にとってつけたようなマスコット的クラゲキャラとかもあの英雄バギーちゃん(「海底鬼岩城」)を汚されたような心持ちにすらなったというね…(心の狭い文章)

なんだかなぁ…

誤解のないよう書いておきますと、新アニメドラえもん自体が悪いわけではなくて。
リニューアル自体はいいと思うんですよ(´∀`)声優さんも変わっていい。時代の流れで設定が変化していくのも仕方ない、それ自体はいいことだと思っていて。
上の良かったポイントでも書いたことですがのび太ジャイアンの関係が対等な感じになっているのなんかはすごくいいと思うし、あと細かいところでも色々良い所はたくさんあるのです。
また、「良かったはず」の昔の旧長編アニメを今レンタルして見返したりすると、すごく作りが稚拙に感じるというか、台詞回しも現代ともう違っているからかすごく聞き取りにくくて子供には尚更理解しにくいんゃないかと感じたりもして、色んな面から見てもリメイク自体はすごくいいことだと思うのです。(※漫画原作の良さは変わらない)
と言ってもいうほど新アニメを見ているわけじゃないので偉そうには言えないんですが…すみません。例えばリメイク版「日本誕生」、先日テレビで初放送された「南極カチコチ大冒険」なんかはそこそこ良いんじゃないかなー(´∀`)(偉そうに)と思いましたよ。(リメイク版「鉄人兵団」はやや微妙…)

でも、今作品に関してはなんだか一番大切なところが変質してしまっているような気がして少し寂しくなったのでした。私なんかが僭越すぎる話ですが、藤子(F)先生が生きておられたらどう思うかなあ…と思ってしまった。
昔からのドラえもんファンは特に見に行く必要はない作品ですね。


最後に、私は基本「アニメの声優に俳優を当てる」のには断固反対派であり、この映画にもそれは煮え滾る怒りとして当然感じているということを記して終わっておきます。大泉さんはまぁ良かった方だけど女優、おまえはだめだ!(゚Д゚)クワッ(※この女優さん自身はとても良い女優だと思うし好きです(´∀`))




大事な「良かったポイント」を一つ書き漏らしていました…という追記はこちら↓です( ´_ゝ`)