読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

【花粉症】シダトレン二年目の現状報告【根治療法】

スギ花粉症免疫治療用舌下液・シダトレン服用を始めて二回目のシーズンの報告です。

f:id:manmaru14:20170328101042j:plain
こんな風に一回分ずつパックになっています。大きさは5cm程度。

↑こちらは開始した時の記事。治療初期は容器が違います。

 
さて、凄いです(゚д゚∗)


三月末現在、大した症状がほとんど出ていません。

といって正直なところあまりに効果が凄くて半信半疑なんですけどね…シーズン終わりまで油断せずに行こうと思いますよ…( ´_ゝ`)(この場合の「油断しない」は「ぬか喜びしない」という程度の意味ですが)

ここでまずスギ花粉症歴10年、通常シーズンの私の症状の過程を時系列でおさらい☆(´∀`)

【1】大体年明け一月に「お知らせ」的な目の痒みと鼻ムズムズが何回か起こり、その後は鎮静。

【2】大体3/1頃に本格症状が出始め、一ヶ月後のピークに向かって症状が激化。発熱も起こる。

【3】三月末~4/1頃、ピーク。息ができなくて眠れずQOL急降下。怠さや発熱で寝込む日もちらほら。

【4】G.Wに向けて少しずつ鎮静に向かう

…という感じです。
特に私の場合、年々症状が重症化していて。近年は期間中ずっと微熱が続き、ピークは数日寝込むレベル。

それが、約九ヶ月間服用した先シーズンは丸一日だけ「鼻完全閉店*1」という日があった以外、そこそこの症状で、あくまで服用前と比べればですが段違いに落ち着いていました。普通の花粉症レベルの症状、という感じ。

そして大きな期待と不安の入り混じった今年ですよ(゚д゚∗)

いつもの「お知らせ」はあったので「ああやはり今年も来るのか…(´д`)」とは思ったものの、三月に入って時々目が痒かったり少し鼻がムズムズしたりたまにくしゃみが出たりするなーと思っていたら、「えっもう花粉そんなに飛んでるの!?Σ( ゚д゚ノ)ノ」(わざとらしい驚き方)という時期に入っていてビックリです。
「(´д`;)今日は凄まじく飛びます(意訳)」という天気予報が連日続く中、「えっウソ全然平気…(゚д゚∗)ポカン…」呆気にとられている次第
上で書いたように軽い症状はあるんですが、その軽さといったらケタ違いなわけで。例えるならまだ花粉症だと判明していない人が「なんか最近ちょっと目が痒かったりたまにくしゃみが出たりするんだけど、これ花粉症かな~(´∀`)エヘヘ」って言っているような感じのヌルい症状というか…(かえって分かりにくい)。

根治療法って本当にこんなに症状がなくなるもんなんですね。しみじみ。
というか感動というよりむしろ衝撃です。

効く人と効かない人がいるようなので絶対とは言えませんが、本気で苦しんでいる方には本気でやる価値があるとオススメしときます。
長期に渡って毎日続けなきゃいけませんが、早ければ飲み始めた次のシーズンから効果が出ます。重症な人ほどその価値が分かると思う…
くどいようですが私自身が本当に重症でしてね…(´∀`;)この「人生において面倒くさいを越えてモチベーションを保てる事柄がほとんどない」希代の面倒くさがりが決意した程度なんだから推して知るべし、という感じで。
本当に丸一ヶ月廃人同様。

こんなに普通に春を過ごせているなんて発症する前の十年以上振りだよー。
この薬を考えてくれた人達、作ってくれた人達には感謝の言葉もない。本当に本当にありがとう。本当に本当にありがとう(TДT)


とモリモリの感謝の言葉で終わります。(o^-')b☆オススメ!!


 

*1:いくら吸ったり吐いたりこねくり回したりしても鼻腔が接着剤で塞がれたかのように固く閉じて微動だにしない状態。ものすごく苦しくて眠ることもできません。ちなみにそんなに固く塞がれているのに鼻水はダラダラ出てくる不思議(o^-')b☆マッタクススレナイ

広告を非表示にする