読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

さようなら東京の空

日々徒然 東京の空 育児

さて前回書きましたが、3年間過ごした東京ともついにお別れとあいなりました
夫の転職にともなって東北地方へUターンですよ!しかもクッソ寒い時期に!!\(^o^)/ヽ(`Д´)ノ(´・ω・`)/(^o^)\(´ρ`)(´;ω;`)Σ(゚Д゚;エーッ!(←喜んでいいのか落ち込んでいいのか分かりかねて顔文字総動員状態)

f:id:manmaru14:20160317073914j:plain
まさにこの景色からの東京タワー行きでした(後述)

 

今のところ実際の移動は年明けの予定ですが、息子の幼稚園はキリがいいところで年内まで。実質二学期の終業式で最後となります。
息子はこの幼稚園が大好きで、毎日喜んで通っていたのでとても可哀想です…(´;ω;`)
私も適度な距離感を保った良いママさんたちに恵まれていたのでとても寂しく悲しい。色々話を聞くと他の幼稚園でこんな良い人ばかりというのはちょっと考えにくいくらいなんですよねー。

 

manmaru14.hatenablog.jp

 

でも正直、ここにずっといてこのままこっちの小学校に入るイメージは全然持てなかったので、結果的に幼稚園年中のこの時期に転園というのはかえって良かったのかもしれない…と自分に言い聞かせる。

地方じゃほとんど聞かないけどこっちじゃ頻繁に耳にして驚いたのが「小学校の学級崩壊」という言葉なんですよね。
学級崩壊ですよ?学級崩壊。それも小学校で。
幼稚園のお友達のお兄ちゃんお姉ちゃんの通う小学校の話として実際に聞きました。担任の先生が授業放棄とか。
…信じられないし、有り得ない。そんなこと本当にあるんだ…。地方者にはちょっと考えられない。
やっぱり東京は特殊なとこだし、それで良いこともたくさんあるけれど、やっぱり怖いとこですだ…と美童に恋したルリ子ちゃん(『有閑倶楽部』参照)口調でw(´ー`;)

結局、東京にいる間に行っておこうと思っていたとこ全部は行けなかったなあ。
なんたって浅草に一度も行けていないという恐ろしさwww何でそうなった(´・ω・`)

でも、上京したら絶対食べたかったクリスピークリームドーナツは十分食べたし、亀有の吉田パンも行ったし、ロンハーでお馴染だった「つるとんたん」もこの間初めて行けたし(明太クリームおうどん美味しかったワア(´∀`∗)!)、あとはトップスのチョコレートケーキと長命寺の桜餅だったんですが、アンコがそんなに好きじゃないのと桜餅はもともと道明寺派ということもあって長命寺は我慢して、トップスは東北にも買えるところがあるらしいのでそこで買いますわ…って食べ物ばかりですねww\(^o^)/

manmaru11510.hatenablog.com


浅草と築地は行きそびれたけど巣鴨としまえんも行ったし、夫と息子だけ荒川遊園地にも行った。上野は動物園含めて何回か行けたし、箱根も鎌倉も湘南江ノ島も行けたし念願だった江ノ電と箱根ロマンスカーにも乗った。

 

manmaru14.hatenablog.jp

 

東京タワーもつい最近行ってきた。スカイツリーは私はあまり興味がないのと夫と息子だけは行ったのでよし。
都心にはあまり出なかった私も池袋サンシャインや東京ドームは息子のウルトラマン関連で行きつけになったしw(´∀`)

息子の5歳の七五三(うちは数えですることにしたので昨年やりました)を明治神宮でしたことや、皇居通り抜けがあまりの人で実際現地まで行ったものの断念したことなんかもいい思い出…

manmaru11510.hatenablog.com


東京に住んで何より一番感動したのは図書館の利便性と免許更新のスムーズさですよ…。
図書館はネットから予約ができて、区内の好きな館を指定するとそこへ回してくれるシステム。私はほぼ毎回借りた館で返してましたが、区内どこの館に返してもいいというところもいいですよね。
何より区立図書館自体が区内にいくつもあるから、とても便利。雑誌を読むだけにふらっと行けるのが嬉しかった(´∀`)
免許更新も一日がかりの地方じゃ考えられないくらいのスムーズさでした。
ああ…また公立図書館は広大な自治体にいくつか散らばっているレベルにしかない、免許センターも郊外にあって車でなきゃ行けないレベルの不便な地方都市住まいに戻るのか…と落ち込むくらいに便利でした。

こう考えてみると、私は東京が結構好きだったようです(´ー`)
「意外」という言葉が自分の中で浮かんでくるのは、他人と関わりたくない引きこもりだという性質だったり、東京独自の感覚やシステム、そしてそれをローカルルールだと思わずに当たり前だと思い込んでいる東京人への反目だったり、「遊びに行くには最高だけど住むところじゃない」なんていう「大都会・東京砂漠」への偏見的イメージゆえだったりするんですが。

女だからなんですかねー、やっぱり生活の便利がいいというのはそれだけでもう十分に住む価値があると感じるんですよね。
特に小さい子供がいると生活が不便なのは問答無用でキツイわけで。
そりゃ自然があれば越したことはないし、空気や景色が綺麗ってのもプライスレスだと思います。でも、やっぱり不便なのはキツイ(´д`;)。近所にスーパーがいくつかあって、ちょっと行けばもっと色んなお店があって、公共の足も便数があって…っていうのは、暮らしていく上ではやっぱりすごい価値なんですよね。あくまで私にとっては、というのはもちろんなんですけど。
すごい田舎とか山の中とかで、不便も楽しんでしまおう!(´∀`∗)タノシー!って思えて実際の行動もできる人だったら別なんですが、私は憧れつつも絶対にそうはなれない人間だと分かっているので(なれるなら心底なりたいですけどねー)「都会で、生活が便利」な方がいいんですよ。本当に本当に希代のものぐさなのでね…他人には会いたくないけどw
そりゃ、例えば資産家の親の遺産を何億も継いで好き勝手できるような裕福で気ままな身分だったらもの凄い速さで山奥に引きこもりますよ、ええ、すぐにw でも現実はそうじゃないのでね…。貧乏人は百均がすぐ近くにあるくらいの都会じゃないと実は厳しいのですよ…(´ー`)

と言って、じゃあ便利な都会であればどこに住んでも満足なのかって言うとそうではなく、例えば名古屋なんかは好きになれませんでしたよね(名古屋の好きなところももちろんあるんですが!)…とさりげなく名古屋ディスを入れたりしてw名古屋の方には申し訳にゃーで。(いやほんと好きなとこもあるんですよ!あと、住んでいた時は誰も知り合いがいなくて「悲しい&いやなきもちフィルター」がかかっていたのが年月が経ってその感情も薄れてきたということもあって、割といいところだけ懐かしく思い出します)


※転勤は基本的になくなるようなので、ブログ村カテゴリーを「転勤族の妻」から他に移ろうと思っています。「四十代主婦」あたり妥当ですかねー。今41歳だから「アラフォー主婦」でもいいけどどのみち近い将来アラは取れるんだから面倒くさいですしおすしw





広告を非表示にする