願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

「旧人は滅びればいいのに…」としか思えない自分が嫌になるという話。

バカかどうか、なんてことは実は相対的な話であって(といきなり始まる意味不明な主張)。
しかも、進んだ考え方ほどそれが本当は素晴らしいものだったとしても今の世の人間には理解することができないために受け入れられない、ということが多いと思うわけで。

だから、こういうことを書くのも自分がバカだからだ…と確実に思うものの、いやそうではない可能性もほんの少しはあるのだ…と自分自身を鼓舞して書くんですがw

f:id:manmaru14:20160610133007j:plain

 

…という面倒くさい前置きはこの辺にして何を言いたいかというと、私はつくづく、今の世の中に存在する「人種差別」「男尊女卑」「マイノリティー差別」「部落差別」「イジメ」「マタハラ」「DV」などのいわゆる「広義のレイシズム」を一括りにバカじゃねえのか(゚д゚)ポカーンと心底思っていて、そういう思想を持っている人間は更生できないので滅びればいいと思っている、という話です。
大体そういう思想集団の大きなものは一部のキチガイ宗教文化という名の怠惰な民族慣習による洗脳がもとになっているので、その思想を解除して人間として更生させるのはNP困難、現実的に不可能だと思うんですよね。

近年、私は「レイシズムや差別指向のある人間は、実は本当に脳が器質的に古いのではないか…」と考えるようになってきました。古い脳のままアップデートされていない、つまり進化していないのではないか、と。
私は私の中だけで「彼ら」を「旧人」と呼んでいます。
脳が普通に進化した我々「人」とは生物としてもう別の種属なので、だから理解し合うことは困難なんですよ。

旧人たちにとっては、誰もが平等に「生きる権利」がある、ということは全く信じられないことなわけです。

厄介なのは、彼ら旧人は普通に人として存在し、扱われている、ということ。
本当は種族が違うのに、同じ種族みたいな顔で存在し、権利を主張してくるところ。
これは私のキチガイは鎖に繋ぐか監視してもともと権利を規制しておくべき(=その場合に限って犯罪を起こした際の減刑が認められるべき)」という信条と通じるものなんですが。
もうね、

めんどくせぇから滅びて欲しい。

そう思ってしまうんですよ。いなくなってくれれば問題解決なのに…デスノートがあればいいのに…そう思うんですよね。思いませんか?(´∀`)
私はそう思うので、しかし、そこが「私はバカである」ということの証だなーと思うのです。

というのも、少しばかりメタ的に考えずともですね、レイシズムすら多様な思想や価値観の一つであるのはその通りなわけで。
思想は自由ですからね。
ぶっちゃけ私のレイシスト旧人は滅びればいい」という考えだってレイシズムの一つなわけですよ。レイシズムに対するレイシズム、というね。何このイヤンな自己撞着な感じ…(´д`;) 貼り紙禁止という貼り紙。

公正且つ頭の良い人の分析ブログなんかを拝見していると、クズ案件にも冷静に分析・偏りのない推察をしていて、クズだなーと思う案件にも適切且つ相手に実行可能な範囲でアドバイスをしていることがあって、そういう人の頭の中ってきちんと感情と思考が別の部屋にいるんだろうなー…と尊敬の念を抱くんですが*1

私は「更生できない人間」はいる、という宗派なので、そういう人間を無駄に生かしておかずに(我々のお金だ!ヽ(`Д´)ノ)この世から排除するために戦うことは「聖戦」じゃないか、と思っています(´ρ`)アヘヘ


全くまとまっていませんが、定期的に吐き出したくなるんだyoこういう話をヽ(`Д´)ノ!…という話でしたwすみません(´ー`)トリアエズオワリ!

 

 

 

 ●関連記事

 

 

 


 

manmaru14.hatenablog.jp

 

 

 




*1:私は大抵同じ部屋(※しかも狭い)にその二つがいるので、自分じゃ論理的思考だと思っていても怪しいもんです。

広告を非表示にする