読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

断捨離した先にあるもの

断捨離 暮らし・シンプルライフ

実はブログには全っ然書けてないんですが、地道に断捨離は続いていましたよ。もう二年になりますかね…(´ー`)遠い目。

f:id:manmaru14:20160430135634j:plain

 

断捨離経験話でよく見聞きするような「一気に物を減らした!(減った)」という状況は残念ながらうちにはないのですが、コツコツコツコツ、それこそ本当に少しずつ少しずつ物を減らし続けています。
一気に減らなかったのはなぜかというと、それは我が家の場合はやはり「転勤族だから」という事情によるんじゃないかと思います。それでももし裕福な家で、いつでも好きな時に家具を捨てたり買ったりができる家ならいいんですが、残念ながら我が家は貧乏な方の転勤族でしてね…(´ー`)
断捨離の判断の掟である『今使えない』から捨てるがなかなかできない(つд`)

また、子供がまだ小さいというのも地味な理由としてあったり。
後に必要になるかもしれないものを安易に手放して、必要になった時に新たに手に入れることが簡単にはできない気がするんですよね。うちの場合。

そんなわけで地味に歩き続けている続けている断捨離、シンプルライフへの道なのですが、しかしですね。家の中には要らないものがまだまだある!(゚д゚)11人いる!と感じているわけで(名作タイトルの無駄使い)。

11人いる! (小学館文庫)

11人いる! (小学館文庫)

 

 

以前よりはだいぶ少なくなったと思うものの、まだまだ家の中で物がなくなる怪現象は起こるし、片付け作業や掃除は依然として面倒で億劫だし、丸一日食器を洗わないとシンクがなぜか一杯になるし、「手間の少ない快適な暮らし」には程遠い(最後は主婦として失格なだけですがー(´∀`))。

そんな中、断捨離を行う上で大事になってくる「自分なりのゴール」の姿が少し見えてきました。
断捨離が一旦完了したと言える地点は自分にとってどういう状態なのか、私はどういう状態になるのを理想だと思っているのか(゚д゚)

私が考えた自分にとってのゴールは、ズバリ「調子が悪くても回る家」!m9 ゚д゚)ビシッ

…ここ一年くらいでそう痛感しましたよね( ´_ゝ`)
調子が悪い、つまり体調が良くなくて体が動かない時、気分が落ちていてやる気の出ない時でも何とか出来る範囲の行動で家の中を綺麗に保てる、最低限の家事が回る、そんな家です。
それが具体的な、私の目指している家の状態だと感じる。

今はまだ程遠いけど…(;´Д`)

まだまだ物がある!('A`)11ニンイル!
すぐ散らかって、それらを片付けることがすごく億劫に感じる!('A`)
これはまだ物を管理しきれていないということなんですよねー。自分が管理出来る以上の量の物がまだあるということなんですよねー('A`)イヤンナルナ…

しかしなかなか減らないんですよ。少しずつ少しずつ、地道な歩み。
まだ思い切れない物がたくさんある。
それでも以前に比べたらだいぶ少なくなったんですけどね。どんだけ物があったんだと(゚д゚;)
あと半分は減らせるような気がするんだよね…。

今後、具体的な「物を捨てたよ!」記事もまた少しずつ上げていきたいと思っております(´∀`)シクヨロ♥




広告を非表示にする