願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

悲しい夢。

どうも、石です。先月からの諸々の年度末追い込みで体調を崩しまくり虫の息で確定申告に行ったり幼稚園の最終行事に下痢でスパークしたりしているうちに全くブログが書けないというご無沙汰状態になってしまっているわけですが…。
そんな更新が滞っている間、まあ多分体調が悪いせいで夢見も悪くなっていたというのもあると思うんですが、ある悲しい夢を見ました(´・ω・`)

私は割と夢を見る方で、家に夢辞典があったり自分の夢の世界の地図を作ろうとかおかしなことを考えたこともあるくらい「寝ている時にみる夢」には一家言あるんですが(面倒くさそうな人物像)、久々に長くちゃんとしたストーリーの悲しい夢を見たこと・私の心の中を表している大事な夢だと思ったこと、などの理由により、何というか「厄落とし」の意味でもここに書いておこうと思った…という、超個人的などーでもいい話をさせてもらおうと思います。

f:id:manmaru14:20141101153442j:plain


 …と大層な前置きをつける程の大した話ではないんですが、なぜか夢の中の我が家には息子がもう一人いるんですよね(うちには4歳の息子が1人です)。
で、「あれ?○○(息子の名前)と、☆☆(息子のあだ名)、うちには子供が二人いるんだっけ?」って夫に確認したら、そうだよ的な答えが返ってきてですね、私は

「ああそうだった、息子は二人いたんだっけ☆(´∀`∗)どうして一人っ子なんて悲しい勘違いをしていたのかしら…(´∀`∗)バカネアタシッタラ☆」

って、明るい気持ちになるんですね。

でも、何かしているうちにふと「あれ?」って思って、よくよく思い返してみる(夢の中で)。
そうしたら、やっぱり息子は一人しかいなくて、あああれは幻か夢だったんだ…(´;ω;`)(夢だけどw)と、たまらなく悲しい気持ちに襲われる…という、ここまでが夢の話。

その夢の中で、「息子が二人いた!(´∀`)」と気付いた(嘘だったけど)時のあの嬉しい気持ちが忘れられなくて、起きてからも目から汁がしとどに溢れてしまったというね…(つω`)

夢の中の「二人の息子」は、一人が現実の息子よりちょっと大きく(成長した)、一人が少し小さかった頃の息子の姿なんですよね。よくできてますよね、夢w

自分がどんなにもう一人子供が欲しいと願っているのか、息子にきょうだいを作ってやりたいと望んでいるか、改めて突き付けられて苦しかったです。

でも、以前からも書いているようにこればかりはどうにもならないわけでして。
うちはとにかくお金がないわけです。だから、もう一人作って生んで育てて、二人以上の子供をきちんと大学まで入れてやるのは絶対に不可能なんですよ。それは息子を生む前から分かり切っている事実で、更に万一、仮に今何とかお金の目処があったとしても、「母体としての私の身体」的な意味でもきっともう無理だと思う。
だから絶対に無理。
どうしようもないことです。

なのに、これからもずっと諦めきれないで苦しみ続けていくことを知ってしまった、…というような、そんな夢でした。

そういえば、はてな匿名ブログで保育園落ちた日本死ね的な記事が話題になって国会でも取り上げられたみたいですが、個人的にああいう意見が広く知られ話題になることは良いことだと思う半面、「あの程度の口調」がセンセーショナルに受け取られることに衝撃と軽い絶望を感じました。

あれくらい、実際保育園落ちた特に母親ならみんな普通に思うんじゃないの?(゚д゚)

死ねって普通に思うよ私なら。
つか私はいつも「くそくそ死ね死ね」って思って生きているわけでね(人間として残念な告白)。特に国会議員なんか「みんな一気に死んで総入れ替えならねーかなー(゚σд゚)ハナホジ」って最近では恒常的に思っているわけでして(公安に見つかったら絶対監視対象になる文章( ´_ゝ`)どうぞ監視してください、実際には何の活動もしてませんからー(´ρ`)アヘヘ)。

「汚い言葉」が問題なんじゃなくて、そういう「汚い言葉で吐き出すしかない理不尽な苦境」が現実にこんなに溢れている、ということが問題なんじゃないのか?って思うんですよ。私は。

ちなみに私は心の中でどんな汚い言葉でどんな汚いことを思おうが心は自由(下部関連記事参照)、という信念で生きています。「実際には決してやらない」ということが重要なのでね、人は…(と偉そうに)

最近なのか昔からそうだけど私が幼くて気付いていなかっただけなのかは分からないんですが、「問題の本質」が取り上げられず、完全にずれたところだけが大きく問題にされることが心底恐ろしいです。
いや大事なことはそこじゃないだろ…と。

「お金がなくて子供を生めない」「保育園に入れなくて仕事を続けられない」「仕事を続けたいから子供を作れない」という話はもうどこにでもある普通の光景として世間に当たり前によくある現実なわけなのに、それを「匿名ブログだから内容が本当かどうか分からないしーハナホジ」なんてアホにも程がある、「まさか本当にそんなこと言っちゃうの?Σ(゚д゚;)」って言葉を国会という場で平気で抜かしてしまう「絶望的に国民と乖離した貴族議員たちとそのトップ」がいくら「少子化だー女性活躍だー ヘ(゚∀゚)ノ☆ヘラヘラ」なんて言ったところで、誰がまともに聞いてると思っているのか、心の奥底から謎すぎてはんぶん不思議☆( ´_ゝ`)

 


 まあ偉い人たち()はさすがに全部分かって確信犯で論点ずらしてるんでしょうが(と思いたい)、私が血の涙で諦めた子供に使えるはずだったお金を税金としてむしりとってのうのうと暮らしている人たち(政治家以外にNHK上層部も含む)を何とかして同じような苦しみを味わわせる方法はないものか…自分の手は汚れずに…(゚д゚)と、ただでさえない脳味噌を不毛な考えに動かしたくもなる、という物騒な話で終わってみますよ…( ´_ゝ`)

あ、私は監視社会万歳派なので全然大丈夫です!(´∀`)…ナニガ?

 

 



●関連記事

manmaru14.hatenablog.jp

manmaru14.hatenablog.jp

manmaru14.hatenablog.jp 

manmaru14.hatenablog.jp

 

 

 

広告を非表示にする