読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

サンタクロース問題

息子(4歳)にはとりあえずサンタクロースが実在している設定でいる我が家。

f:id:manmaru14:20101120151324j:plain
↑世に出回る全てのサンタの外見はこれが規定の基準で義務化されていればいいんですが…(記事本文参照)

  • サンタさんは24日のクリスマスの夜(正確にはクリスマスイブだけど)にいい子にプレゼントを置きに来てくれる
  • ちゃんと寝ていないとプレゼントは置いてもらえない


というメジャー設定を基本に、

  • 昨日サンタさんがそっと覗きに来たよ


などという私による後付けが日によって付け加えられていく。
これは日々の育児をやりやすくするというよりは、息子へのサンタの存在の強化とクリスマスへの期待を高めて日々わくわくした気持ちでいてもらいたい、という思いの方が強い。…多分w(´∀`)

最近思うことは、同じようにサンタを信じ込ませている(ようとしている)家庭にとって「12月に入るとあちこちに出てくる色んなサンタ(の恰好をしている人物)」の存在をどう処理するか、はちょっとした問題ではないのか、という思いだ。

一番多いのがテレビ。
とりあえず「本家本物として振舞っているサンタ」はまだいい。例えば毎年恒例の「サンタ(公式認定されている)が飛行機に乗って外国から日本に来日した」というニュースは、息子にも「ほら、サンタさん日本に来たんだって!みんなが何を欲しがっているか調べに来たんだね。ソリに乗って来るのはクリスマスの日だからね。事前調査だね(´∀`)」と説明できた。
また、明らかに扮装だと分かるものもいい。芸能人やアナウンサーのコスプレなど。

厄介なのは、ニュースとしてこの時期によく報道される、「〇〇施設(子供やお年寄りの施設など)にサンタがやってきてプレゼントを渡しました」とかいうニュースで、サンタクロースに扮した職員の人がプレゼントを渡している映像が流れること。

これが地味に処理に困る(´・ω・`)


息子からすれば「なんでクリスマスじゃないのにサンタさんからプレゼントもらえてるの…?」って感じだと思うんですよ。
私がスルーしているからか(どう処理しようと脳内で目まぐるしく慌ててフリーズしている内にニュースが終わってしまう状態なんですがー( ´_ゝ`))何も言ってきたことはないんですが、もしかして「サンタクロースは本当にはいない」んじゃないかと感づいているんじゃないか…とも思ってしまうんですよね。
実際、自分の子供の頃を思い出してみても(私は自我同一性を保った記憶が2歳頃から始まっている "過去を生き生きと生きている" 残念な人間です( ´_ゝ`))、サンタクロースを本当に信じていたかかなり怪しいわけで。クリスマス自体やプレゼント、そしてそれを介在してくれるサンタクロースというマスコット的存在にわくわくする気持ちは間違いなくあったものの、実在としてのサンタクロースという「超越者」が本当にいて、本当にソリに乗って空を飛んで煙突からやってくる(当時うちは北海道だったので煙突はあった)…などというメルヒェンを現実的に信じていたかどうか自信はないんですよね。
サンタを知った本当に幼い当初にはもしかしたら信じていた時期が一瞬はあったかもしれないけど…( ´_ゝ`)

4歳って世界の在り様をかなり現実的に捉え始める年齢で。もちろんおぼつかないところはあるものの、どこまで本気でウルトラの星があると思っているのかすら最近はドキドキしてしまうわけで(ウルトラマンも「本当にいるよ!」設定です)。*1

ところで、うちでは冒頭の一般的な設定以外にも

  • サンタは一人じゃない
  • フィンランドにサンタクロースだけが住むサンタ村がある


という設定をしているんですが、これもこれで破綻はある。種族を維持するためにはその村には女性のサンタもいなきゃならないはず…とかそういうことはまだ幼児なのでいいとして(´∀`)、単純にイブの夜の(子供にサンタの存在を信じ込ませる装置の決定版である)お楽しみ・サンタ追跡レーダー*2「一体どの個体サンタを追っているのか?(゚д゚)」という明らかに根源的な問いが出てくる。


もうね…あまり性能の良くない私の頭ではこれ以上、論理の矛盾をうまく隠して子供の心の優しい世界を育んでやることは無理なんじゃないか…と感じています(´ρ`;)

ただ、蛇足ですが、これは私が個人的に思っているだけのことなんですが、何となくそういう「目に見えない世界を信じる能力(ちから)」みたいな感覚も、生まれ持っている個人差が大きいような気がする。だから、周りが何と言おうと信じている子はかなり大きくなるまで信じていたり(『おお振り』の三橋とか…ってこれは二次元ですがw)、信じない…というか現実の世界の認識の早い子は幼児であってもなんとなく「そういうものは本当にはいないんだろうな(´・ω・`)」って分かっていて、でも別に否定する強い気持ちがあるわけじゃなく、あればいいなと思いながら、でも本当にはない、という、多くの大人のような曖昧なスタンスであったりするんじゃないかと(大人だって本当に神がいると思っていなくても神社で真摯に手を合わせたりするようにね)。

…そんなわけで、今回はまあとりあえず「フィールザフォース!(゜д゜)」と叫んで終わっとこうか、という話でした(o^-')b☆
夢を信じる人が減ってファンタージェンは壊滅の危機に陥ったわけで…ってこれは『ネバーエンディングストーリー』ですがー。

 

ネバーエンディング・ストーリー ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [DVD]

ネバーエンディング・ストーリー ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [DVD]

 

 ↑こんなの出てたんですねー。いかにもクリスマスプレゼントに良さそうな(´∀`∗) 





 

*1:だからDAIGOが出てくるとややこしい。『みいつけた!』のオスワル王子もやってるし、ウルトラマン作品中ではタイガという名前なんだけどそれが実名のDAIGOと似ている上に、作品中ダイゴという名前のキャラはウルトラマンマックス役で出てくる。ウルトラマンダイナ役のつるのはDAIGOほど頻繁に出て来ないからまだ平気なんですが(´∀`)b☆

*2:今年ももう少ししたら「NORAD SANTA」でググると出てくると思う

広告を非表示にする