読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

荒み過ぎていて書けない。

日々徒然 ぐたぐだ 哲学・思想 貧乏・節約

愚痴ブログと公言していますが、その当の愚痴でも、ある程度までの軽いうちは書ける(自分の外に出せる)ものの、それを超えてしまうと逆に書けなくなるというね・・・(´∀`)


あまりに心が落ち込んで荒み過ぎていると、その落ち込み様を言葉で表現することもできなくなる。
そんな意欲とても湧いてこない。

暗い話や落ち込んでいる話、鬱状態な話も、最低でも「それを文字にして書ける程度」には明るくないとブログにはできないってことですね・・・。私の場合ですが。

そういう状態です。
原因や出来事は色々あるんですが、文章で説明することができないほど心が落ち込んで荒んでいて、心身ともに疲弊していて、直接それについての話を書くことができないのが残念です。

まあ、特に一大事な何事かが起きたというようなことじゃなく、いつもの延長のような感じのものなんですがw(´∀`)

というか、「いつも見ないようにしている(そうしないと生きて行けない!)現実」があって、普段はうまくそれを直視しないようにしながら何となく些末な楽しみ(録画番組を見るとか漫画を読むとか)を支えにバランスを崩さないように自分なりに懸命に日々生きているんだけど、そもそもそんな生活自体が薄氷の上なので、何かのきっかけでうっかり冷静に直視してしまうと一気に水の中に落ちてしまいます・・・。冷たいよう・・・

まあ全てはお金のことですよね・・・(´ρ`)

我が家は完全に詰んでいる人生なので、今死んでも仮に20年先に死ぬのでも、前者が全然不幸に思えない、ということをはっきり認識してしまったんですよね。

細かい話は省きますが、とにかくこれから先の我が家の将来が今より幸せになる要素が何一つ見つからないのです。
要するに、私は長生きしたとしても不幸な時間が延びるだけなわけですよ。
幸せになる要素が一つもない中、私や夫はこれからはもう老いていく一方なわけで、一生の不幸のトータルの総量が増えるだけだと。

何が怖いって、これ、別に悲観的なわけじゃないんですよね。

「悲観的な考え方」じゃなく、あくまで「現実を元にした将来の冷静な分析」なわけです。
0歳の20年後の未来は無限だけど、40歳の20年後の未来は今の延長にしかないわけですよ。

一生懸命頑張っているけれど、どう老後を想像しても生活保護なんですよね。年金なんかで暮らしていけるわけがないし、かといって満足に老後を暮らせる蓄えを貯めるのも不可能(ここが最大の矛盾で、私が見ないようにしている現実)。
今だって切り詰めて切り詰めてギリギリ貯金に回しているわけです。
その試算で生活保護なんだから、底辺ですよね。
どっちかが倒れて介護が必要になるまで生きられたら、老老介護で無理心中コースですよ。

絶望するしかないじゃないですか(´∀`)

そうしたら、そもそも「今」を頑張る力なんてどこから湧いてくるの?(´ρ`)アヘヘ・・・って話じゃないですか。
頑張れないですよ。ほんと。

希望がないと生きていけないんですよね。人って。
ないんです、私には。希望。
何も楽しみがないので、日々を頑張る支えがない。
頑張れない。

それでもなんで生きていかなきゃならないんでしょうかね。

f:id:manmaru14:20120302175721j:plain

もういっそガッチリ凍りつきたい・・・


冒頭で書いたように今は細かいところを書く気力がどうしても奮い立たせられず、結局何を言っているのか・何を言いたいのかよく分からない愚痴にしかならず、すまんこってす・・・(´ρ`)

と、かなり落ちている感じですが(確かにかなり落ちてるんですが)、冷静に考えればこの程度は私の平常運転の範囲と言える気もします。
もともとがこういう方の性質なのでね・・・。
良かったらあまり気にしないで下さいw(´ρ`)ゞ

 

広告を非表示にする