読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

【節約】生活のダウングレード~その1.ミネラルウォーターを止める。

のっぴきならない火の車である家計の節約のため、ついに生活のダウングレード(更に・・・!)を決意しました(つд`;)
いえ、節約を心がけたり娯楽費を削るなどのことはこれまでもやってきたことなんですが、何と言うか・・・そういう「一時避難的な節約」みたいなことじゃなく、このままの家計状況が続く限りこの生活でいくというレベルの転換です。要するに「今はちょっと大変だから今だけちょっと我慢」という「終わりのある節約意識」ではなく、恒久的に生活を変える。・・・レベルを一段階下げる。

・・・と言っても特に大した内容ではないんですがw(´∀`) 時間的余裕がないので一つずつ上げていくことにします(この記事だけでも一週間保存しながら書いています・・・)。
まずはミネラルウォーターを止める・・・というか減らすという話です。

f:id:manmaru14:20120928123911j:plain

 

我が家では仙台で大震災を経験(→東日本大震災の記憶(1))して以降、飲み水はもとより炊飯・調理に使う水は全てミネラルウォーターに替えていました。それは何よりも震災三ヶ月後に生まれた息子への影響を考えたから。

・・・本当にあの頃は・・・、金がかかった・・・(今もだけど)。

本当にこれ、同じ心境のご家庭も少なくないんじゃないかと思うんですが、あの震災さえ、いや原発事故さえなければ、我が家の出費は全く桁が違っていたと思うんですよ・・・(つд`)

(゜д゜)東電に謝罪と賠(ry

もちろん汚染された地域の人々の苦しみ、そして実際に避難して生活しなければならないかった方々の苦労の足元にも及ばないわけでそれはセンスのない冗談なんですが、とにかく原発事故の年に生まれてしまった息子のために親の我々は貯金がすっからかんになろうと、必要ならば多少借金をしようと、金で解決できることは出来る限りのことをすると心に決めたんですよ。
で、ミネラルウォーターもその一つだったんですよね。

ただ、事故当時から「日本の水道の品質はとても厳しいので、検出されなくなったらもう大丈夫」と言われていたことは何となく信じてはいたわけです。だから「本当は普通に飲んで大丈夫なんだろうけど、念のため。リスク分散を」という意味合いが強かったんですね。
言うなれば、人々に良い水を提供するプロとして水道局のことは信用していたけどその情報を統制・公開する媒体としての国家・行政機関を信用していなかった今も国のことは信用してないよ。だから、風評被害が風評被害というくらい放射能を気にしていると公言できなくなっても私はひっそり注意している)。

でも、今回の大幅な生活ダウングレード強化月間にきて止めることにしました。・・・と言っても完全に止めるわけではなくて、ちよっと減らそうと。
家計節約の一環と、こちらも多少リスク分散です。

当初は価格よりも安全重視、ネットやスーパーやドラッグストアで目につく安全そうな銘柄を片っ端から買いまくっていたんですが(ちょっと誇張アリ)、そのうち価格を気にするようになると最近は2Lケースで安売りする水は銘柄が決まっていて(私がよく使うネットスーパーでは大抵キリンアルカリイオン水が安いんだけど子供にアルカリイオン水ばかり飲ませることがちょっと不安、決まった銘柄ばかり飲ませることのリスク)、どうかなーと思うようになっていました。

で、今回、震災前に使っていたポット型浄水器の使用に戻すことを決めました。
ブリタです。


ただ完全に水道水にするんじゃなくて、水道水の比重を上げつつ上で書いたようにミネラルウォーターと併用していく予定です。
外出用の500mlペットは今まで通りクリスタルガイザーのシャスタ限定を買ったり(シャスタ限定でも並行輸入や箱潰れのアウトレットだと安い(´∀`))、災害時の備蓄という意味合いからも2Lペットミネラルウォーターの購入も続ける予定です(´∀`)

 


●関連記事 

manmaru14.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする