読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

病気と健康の話、・・・などなど。

最近、何もしていないのに左の足先が痛い。親指の周囲、付け根がじんわり痛む。押しても痛い。
とうとうか・・・という暗い気持ちになる(´д`)

痛風か、リウマチか、糖尿病か・・・orz

腰痛もすごく悪化していて、首もおかしいから神経かもしれないけど・・・

f:id:manmaru14:20150106163142j:plain

 
もともと運動をしていないし筋肉もなかったけど、私の場合「妊娠出産」がその決定的なダメ押しになったと個人的には思っている。
妊娠初期からずっとダクチルを服用(中期からはウテメリンに変更)するほど張りが強く、入院はしないで済んだが室内もほとんど動けず、当然筋力が落ちまくった底で緊急帝王切開で出産し、休む間もない育児(+半年の夜泣き)でない体力を限界まで削られ、更に震災後も重なった一切合切のストレスを過食でしか紛らわせることができず、その四年で私の心身は誇張じゃなくボロボロになった。
四年経って息子も成長し、それに伴って心にも余裕が出て来て心理的危機はようやく一段落、メンタルの荒れは回復傾向にきたけれど、しかし肉体の方はそう簡単にはいかない(´д`)
四年分の加齢もしっかり加算され、一度限界まで落ちた肉体の機能は自然にはほとんど戻らない。
体力・筋力はもちろんのこと、免疫力、回復力、治癒力など、肉体の機能低下は全てに及ぶ。

「出産は命がけ」と言うが、実はその言葉はこういう意味でも当てはまるのかもしれないと思った。
出産は無事乗り越えても、「"産んだ" その後」が寿命に大きく関わってくるような気がしてならない。

冷静に考えて、今の私の身体能力年齢は恐らく80代に近いwww\(^o^)/
一日に一回少し外へ出るだけで半端なく疲れ、横になる。
今体力測定や心肺機能測定をしたら本当にその年代の数値が出るだろうから、改めてショックを受けたくないから本気で絶対にやりたくないwwwww

orz

そんな中、先月から土日のどちらか一時間くらい歩くことを始めた。

普通に外に出勤してデスクワークで働いている人にも及ばないほどの微々たる運動量だと思うから泣けるけど、今まではそれすらしてこなかったからこれでもかなりの進歩。
何せ平日は息子がいるので全く動けない。
子供と手を繋いでしか歩けないということがどれほど人の運動量を制限するのか、私は子供をもつまで知らなかったし、考えたこともなかった。
息子の歩く速度は計ったことはないが時速1~2キロくらいじゃないだろうか・・・。息子と外に出歩くことは私にとっては何の運動にもならないのだ。
例外は自転車だが、冬の間はなかなか乗れなかったし、どうも私は目的がないと乗れず(あてもなくぶらぶらというのができないタイプ)、目的がないと家の中のやるべきことを押してまで乗る気がなかなか起きない。しかし一番重要なのは、自転車は徒歩と逆で私には運動になるがただ後ろに乗っているだけの息子は動かないものであり、外に出る目的として息子に身体を動かしてもらうということが達成され得ないんである。
そうなると、自転車に乗って公園へ行くということが一番いいのだが、そこには「時間がかかる」という制約があり、頻繁にはできないんである。何より、家から徒歩で行ける一番近い公園(結構広い)が息子のお気に入りということもある・・・。

ただ、そんなわけでできない理由はいくらでも挙げられるが、だからってそんなことを言っていても私の身体が劣化していくのを止められるわけじゃなく何にもならないわけで、今の自分にできることを考えた結果、週に一回でも少しでも歩く(もちろん息子を連れてじゃなく、一人で)、ということをするようになったわけです。
何でも、やらないよりは遥かにいいと思うんだよ。うんうん。

特に私は「完璧じゃなきゃまったくやらない」というポンコツ完璧主義者で「0か1か」の両極端思考なので、ほどほどでも少しでも、時々できない日があっても、うまくいかないことがあっても、そこで「もうやっても無駄、いやんなった、やーめたヽ(`Д´)ノ!」と腐らず、とにかく止めないで続ける、ということを自身に課す必要性が大きいのですね。
私、ダメ人間なんだよねー本当に。(´ρ`;)

そういえば、最近「モテることを目指す」に特化したブログ(ユキコ道含む)をいくつか見つけてとても面白く興味深く、お気に入りとして読ませてもらっているんだが、自虐というのは一番モテないんだそうだwwww(´ρ`∗)
そうか・・・でもうん、分かる。
ただ自分にとって「モテ」という要素を考慮する必要は今の私にはもうないと思っているので(既婚だからということだけじゃなくね)いいんだけどね。しかし20代の私にこういうブログを読ませたかったなー・・・
確かに、若い頃やスナックで働いていた頃にこそ必要だっただろうな(゜д゜)
だからモテなかったのか・・・と、昔の(モテが必要だった頃の)自分を甘酸っぱい気持ちで添削しながら読ませてもらっていますw 甘酸っぱいなんて言うと聞こえがいいですが、実際は胃液の味なんですけどね(´ρ`)テヘ☆
後悔や羞恥で胃液がこみ上げてくるよもうwww

というか、本当にネットには(中にはプロの人もいるけど)素人でも年齢が若くても魅力ある文章や記事を書く人がたくさんいて、毎日楽しく読ませてもらっているんだけど、これは本が売れないはずだよね。ネットで簡単にタダで自分の読みたい、そして面白く魅力的な文章世界に出会えるんだもん。
私は交流を目的にしていないので "書き手として" 特に何かアクションをして繋がりたいという欲はないけど、"読み手として" 純粋にその文章やブログやブログ主に賛同したり共感したり、敬服したり、考えさせられたり、そこは違うなーと感じたり、したことを何かで外へ伝えたいという欲は思う。
ポジティブな感情は直接相手が分かる形で表した方がいいと思って拍手やスターやはてブを活用するようにしているけれど、一度賞賛したらあまり嬉しくなさそうなリコメをもらったことがあって、ちょっとショボンとなって以来、慎重スタイルw いや、どんなリコメも自由で、私のブコメに対してというわけではなかったかもしれないんで、私が勝手にそうなったというだけだからいいんです。

まあ自虐ついでに言うと、こんな雑多な内容の、方針揺れの文体揺れの、文章のさっぱり上手くない読みにくい、しかもそれでいてやたら長い、という・・・こんなブログに来て下さる方、いつも本当にありがとうございます!ってことですね。
何が良くて読んで下さっているのか、ニラニラオチなのかw(´∀`)(それも歓迎)本人は一切分からないんですが、何か少しでも楽しんでもらえれば、楽しんでいるわけじゃないとすればどんな意味であっても役に立ってくれていれば、幸いです。

何を言いたいか分からない記事になりましたが、要するに花粉症で寝不足で息子の寝かしつけで寝落ちしてしまったものの、やっぱり花粉症で苦しくて夜中に目が覚めてしまい、せっかくだからブログでも書こう・・・と書き始めてしまったらこんな内容になったよ、ということですよね。
まあこれがいわゆる「夜中に書いたラブレター」状態になっていないことを祈りつつ(なんかすぐ上とか怪しいw)、書いてすぐ上げる、という私には滅多にない上げ方で更新ですよ!←普段は何回か時間を空けるか何日かかけて推敲する

そういや部屋の配置替えの話をすると言って全然してないんですが、写真が撮れなくて記事がアップできずにいます・・・。もし待っている方がいたら遅くなっていてすんません(´д`;)




広告を非表示にする