読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

蛭子さんに憧れる。~一般的デリカシーがない気がする自分への悩み

多分だけど人にはそれぞれ "何となくピンとこない言葉" というものがあると思う。私の場合それは「プライド」が一番なんだけど、「デリカシー」も、そう。

これはきっと他人とプライドやデリカシーを感じるところが違うからなんじゃないか、と思っている(´ρ`)

f:id:manmaru14:20150106172608j:plain
「デリカシー」はヤグルマギク花言葉だそうです。

 

例えばですね、特に海外ドラマなんかで見かけるんですが、女性が女性であることに強い矜持を持っていて、失礼なことをされるとその時の立場関係に関わらず(相手が警官で容疑者扱いされているような時であっても)一貫してツンと怒る、というようなのが「女のプライド」とされていることがある。私にはああいった感覚が分からない。失礼だし、不利じゃね・・・?(゜д゜)

でも、男性からは「女性はそういう矜持の高い女性じゃないと(ロクな女じゃない)」というような見方をされる、という描かれ方が、海外ドラマでも特に少し古い時代が舞台になっている作品には多い気がする。
(まあ時代というより欧米人の感覚というのもあるだろうが)
かと言って私だって女性であることの矜持がないわけじゃない。きっと。

ところで、今回「デリカシー」について書いてみるのは、私は多分一般的に見れば「デリカシーがない」部類に入るんじゃないか・・・とぼんやり不安に思ったからである。

私には、一般の感覚と相容れないことがよくある。

こんなにチャッカマンなのに、ボーダーで自己評価が低いので、自分自身については他人に言われても頭に来ないジャンルがもともと多いのだ。
基本的に事実には腹が立たない。
例えば今「デブだよね」と言われたとして、明らかに悪意を込めた言い方でない限り(悪意には問答無用で怒りを感じるよ!)それは今真実なので、全く頭に来ない(´ρ(`)
事実ならどうしようもない。事実は事実である。事実ならそこに抗っても何の意味もない。
ちなみに私のすぐ下の妹は逆で、事実だから認めたくないというタイプ。事実だからこそ、「そこは敢えて言ってくれるなよ、デリカシーがないな」と頭に来るそうだ。人って難しいね・・・(´ρ`)
てことは、私と妹はたまたま家族できょうだいに生まれたから(ある程度歯に衣着せず本音で話し合えて分かりあえる関係に生まれたから)良かったものの、全くの他人として出会っていたら水と油、いじめっこといじめられっこ、宿敵、天敵になっていたかもしれない性質同士なんですよね・・・こわいこわい。あ、いじめっこが妹の方だよ!(´∀`)

私は他人の目を気にし他人に気を遣いすぎて疲れるが、それは大部分がボーダーの特性から来る過度な「嫌われたくない」「自分が人と違うことをしていないか心配」という感情によるもので、決して周囲や相手のことを純粋に思いやって配慮してのことじゃない。

その証拠に、私自身は他人に気を遣われるのが嫌いだ(゜д゜)

自己の尊厳が低いからだけじゃなく。
プライベートな間柄で敬語を使われるのも嫌。年下にもタメ口で話して欲しい。敬語を使っているうちは絶対に仲良くなれない。
馴れ馴れしいくらいで丁度いい。
じゃないとこっちはいつまでも自分を出せない。私は相手の出方に合わせて自分の出し方が変わるので、相手から親しくされない限りこっちから親しくすることは絶対にない。できない。

もし私が心底相手のことを想い、100パーセント相手主体で気を遣っているとしたら、自分だってそうされたら多少は嬉しいと感じるはずだと思うのだ。
違うから、自分がされて嫌だと感じるのだ。

で、長々と何を言いたいかと言うと、私は人とデリカシーを感じる部分が全く違うので、気付かずに相手を傷つけてしまうことがあると思うんであるorz

思うんである、というのは、それが「自分ではわからない」からorz
大抵、傷つけられた側がそれを直接相手に言うことはまずないですよね。ただ黙って離れていくだけ(自分だってそうであるように)。
だから、決して分からないんである。

でも、かと言って、仮に私が相手からそれを聞くことができたとしても、「そこでどうして傷つくのか」は私には本当には理解できないだろうと思うんですよ。私自身は同じことを言われても全く気にならないポイントなので。
つまり、私が相手から「あなた(私)のこの言葉にこういう感じで傷ついた、カチンときた」と教えてもらえたとしたら、もちろんその相手には今後その部分で気を付けることはできる。けれど、根本的に理解することはできていないので、違う相手には違う部分で同じことを繰り返してしまうだろう。
だからどっちにしろ、これはもう仕方ないことなのだ・・・という結論でいつも終わることになるんだが・・・(´・ω・`)
しかし、もちろん私自身それでよし!と納得できているわけじゃないので、モヤモヤして全然すっきりしないんである。

けれど、他人の心が読めないものである限り、こういう類のことは絶対的にどうしようもないとも言える。
誰もが抱えて当然の、対人関係における普通に永遠の悩みの一つなのかもしれない。

ところで、ちょっと切り口を変えて、私がそのことで困っている、その現実的な原因について述べてみる。
それは、私が(ある意味ボーダーであるがゆえに、とも言えるが・・・)「一見しては普通に他人に気を遣える人間だと見られてしまう」ということだ。
もし最初から「歯に衣着せないマイペースの人物である」と認識されていたなら、私の一言で何か傷ついたとしても「いや、この人はこういう人だからな、悪気はないんだよな」と補正が利きやすいと思うんだよね。

はい、ここで出てくるのが蛭子さんですね(´∀`)w

そういえば勝俣が「蛭子さんはクズだ」と何かの番組で糾弾していたらしいが、自分のネタのために、クズでもない、ただいじりやすいだけの蛭子さんをクズ呼ばわりする勝俣の方が完璧にクズだと思ったんですが、どうですかね(゜д゜)
蛭子さんは「あまりに正直すぎる人」(というか善悪の観念がない子供のような性格)なだけであって、クズではない。ああいった人をクズとは言わない。

閑話休題
例えば、蛭子さんに何かカチンとすることを言われても、他の人に同じことを言われた時よりはダメージはないと思うんですよ。そこに何の他意もない、悪気がないことにすぐに思い当たると思うんです。それは「蛭子さんはそういう人」という認識ができているからです。
例えばルイルイが「これあまり美味しくないな・・・」と言ったとしたら(有り得ないけどw)、言われた方のダメージは相当ですよね。
しかし蛭子さんが「これあまり美味しくないな」と言った場合、周囲の人間は「ああ、蛭子さんにとっては合わない味なんだな」と思うだけです。
蛭子さんという人間は常に自分が感じたままを気軽に口に出す人で、言われた側の気持ちとかテレビ的に言われた店への影響とかそういう大人の事情を一切考慮しない人である、と分かっているから。
そして、蛭子さんのとことんマイペースな姿勢や行動の積み重ねにも助けられ、それは今や「蛭子さんの言葉(=蛭子さんの感覚)は蛭子さんだけの個人的な感覚に過ぎず、そしてそれは大抵の場合一般の人のそれとは違っている(=言われた方は気にしたり傷ついたりする必要はない)」という暗黙の了解にまでなっている。最後のカッコ内が一番重要。
これは、周囲の人たちが無意味に傷つくのを防ぐだけでなく、理解者が増えるので蛭子さん自身にとっても幸いなことだ。

自分がルイルイだと言うつもりはないですよ(´ρ`)もちろん!
あの人は凄い人間力だと思う。宇宙飛行士レベルとは行かないまでもかなり近いとこにいると思う。(←私の考える最良の人格のトップは宇宙飛行士です

ただ、客観的に自分のこれまでを思い返して統計したところ、他人が私を評する言葉で「真面目」と「考え過ぎ」という単語が圧倒的二大評価である私という人間が、たまに蛭子さん的発言を気付かずにしてしまった時、やはりそのダメージは計り知れないと思うんである。(ちなみにその評価は私自身はあまり嬉しくない。結構不本意)
ちなみに昔運転免許を取る時に受けた適正試験では「うっかり者のかっこつけ」という診断でした。綺麗に曲がろうとし過ぎてうっかり縁石に乗り上げたり、綺麗に止まろうとし過ぎてうっかり反対側を壁に擦ったりするような人ってことらしいです。
当たり過ぎてるよね・・・(゜д゜)
普通にサラッと拘りなく、カッコよく生きているように見せたいのに、うっかりばかりしています。
私の本質はカッコつけのうっかり八兵衛なのです・・・。
でも誰もそんな風に思わないと思います。
なぜなら私は自分がうっかり八兵衛であることを自身知っているので、うっかりしないよう常に気を張って生きているからです。
だからこそ、たまに回避しきれずうっかりをしてしまった時にダメージがでかい。
うっかり八兵衛は「うっかり八兵衛」だからこそうっかりしても許される、というところは実は非常に大事なポイントです。
彼がただの「八兵衛」だった頃は違ったでしょう。彼のうっかりが周知され、「うっかり八兵衛」という呼び名が定着した時に彼はうっかりをしても許される人物に、言い換えればありのままの自分を周囲に受け入れてもらえる人物になったのです。
私はどちらかと言えば一見助さんタイプなのです・・・助さんはうっかりなんてしちゃいけません。

私は今後初めて会う人全員に
「実は自分はうっかり八兵衛であり、たまに蛭子さんになることもあり、気付かずに傷つけてしまうことがあるかもしれない、それは他意がなく、私はそこを気をつけたいので、そういうことがあった時には離れる前にどうか教えてもらえないだろうか」
と自己紹介をした方がいいのだろうか。

でも、初対面でそんな自己紹介をされて引かない人がいるだろうか(゜д゜)
わからない・・・orz


広告を非表示にする