願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

年末年始テレビに思ったこと。1

 最初、記事のタイトルを「年末年始テレビに思ったこと。」と「」を入れていたんですが、しかしよく考えたら「年末年始に放映された番組」はまだほとんど見てないし(ほとんど録画なので今少しずつ見ているとこ)、じゃあと甘くして「年末年始に見たテレビに思ったこと。」にしてはどうかと言うと「年末年始に見たテレビ番組」に限った話ですらない世間話もかなり含まれるし、これはもう単に「年末年始に私がテレビについて思ったこと」というのが正しいレベルじゃ・・・と思い直し、字面とのバランスをとってここに落ち着きました。
・・・つかややこしい文章ですみません。ここ読まなくても何の支障もありません多分。
 

f:id:manmaru14:20150105125849j:plain

 

まずですね、心底声を大にして言いたいクレームがあります・・・。去年も思ったんですが(そしてうっかり忘れていて防御するのを忘れたんですが)大晦日の『笑ってはいけない』のCM・・・

浜田の衣装のネタバレしちゃだめーーーーー!!(つд`)


・・・私は浜田イジリが最高に好きなので、これはかなり参りました・・・
衣装バレした時点で笑いポイントがかなり削られます(´・ω・`)

・・・とか言っていたら何故か録画し忘れていて最初の一時間くらい撮れていなかったので結果オーライです。

まあまだ見てないんですが。

ところで、うちは夫がお笑いが大好きなので、休みに入るまで忙しい夫に代わり私が気を利かせて番組表をチェックして録れる限りのお笑い系の番組を予約しておいてあげるんですが、まああれですよねテレビって・・・年末年始に限らないことですが、(見たい番組が)何もない日の何もない時間帯は本当に何もないのに、(見たい番組が)被る日の被る時間帯はとことん被りますよね。普通にあるあるですかね・・・。
うちのディーガは二番組同時録画(リアル視聴と併せて三番組視聴可能)なんですが、うちはあまりテレビを観る方じゃないしこれだけあれば充分だろう、と思って当時買ったのが、やはりもう一つチューナーがあれば良かった・・・と思います(´д`)
テレビというメディアが(このまま行けば)娯楽として斜陽になっていく一方なのは当時から分かっていたことですが、その結果として視聴者側がこうむる現象が「観たい番組はちらほらあるだけなので当然録画機器のマルチ性は必要なくなっていく」ではなくて「各局が目玉コンテンツを確実に視聴率が取れる時間帯に更に集約させてくるので、今以上にたまにしかない観たい番組が全部丸被りする」という方だったというのは読めませんでした・・・。

さて、私自身は年末年始何を観ていたかというと、大体一人リゾートだったこととリアルタイムで観たい番組が特になかったということで、録り溜めてあった「ドクターX」最終回までの五話くらいと、去年九月にNHK BSでやった「名探偵ポワロ」最終シーズンの全五話をじっくり鑑賞しました。

ポワロ・・・うっ(´;ω;`)

ポワロはどれも見応えがあって本当に面白かったんですが、特に最終回のポワロ最後の事件~カーテン」。これについては原作の時点で賛否両論、色んな意見があることは知っていました。私は原作を読んでいないのでこのスーシェ版の映像化が初だったんですが、いや・・・私は普通にありだろうと思ったよね。

(゜д゜) ポワロよくやった!

と。
・・・ただ、「母親にさえ忌み嫌われた」という台詞にだけは異を唱えたい。
母親のそういう異常な育て方が彼をそういう異常な人間にしてしまったんだろうと。
まあ・・・クリスティーの時代はそういう幼児教育や深層心理学の分野の研究や認識はまだまだ進んでいなかっただろうから仕方ないとは思うんだけど。
彼は許されないけど、そんな鬼畜になってしまった原因は偏に彼の異常な母親の虐待だろうという思いが消えません。同情できるのはそこだけだけど。

「ドクターX」は、ずっと気になってはいつつ、このシーズンが初見だったんですが、細かい感想はここでは置いておいて、やっぱり岸部一徳だよねー。と。・・・将来この人がいなくなった後、この人の代わりができる人がいるのかなーと不安になる俳優の筆頭。津川雅彦なんかもそうだけど。まあ実際はきちんとそれなりに後進が育つんでしょうが。
女優としての米倉涼子はもともと好きな方なんですが(『黒革の手帖』からの一連の流れにて)、米倉って実は意外と結構いい女優さんだよね(失礼)。
その派手な容姿から受けるイメージばかりが印象に残りがちだけど、実際は悪女からコミカルからきっちり脚本世界に溶け込んで違和感なくこなして、おまけに視聴率もちゃんと取っている。
どの役も「気(芯)が強い」というのが共通だけど・・・。
何故かふと、うまくやれば観月ありさも同じような立ち位置の女優になれたんじゃないかな・・・と思った。なんか派手な美人系容姿のイメージつながりで。・・・まあこちらはコミカル専門女優だけどね。と言ってもそんなに興味ないんだけどね・・・。この人って、凄い綺麗だと思うんだけど、何だろう・・・全然色気というか女を感じないんだよね。似たような派手な美人顔系の柴咲コウはちゃんと色気があるのに。昔から不思議だった。「実は男なんです」と言われたらああ!と納得するというか・・・いや、でもなんかサバサバした感じがあるけどそのサバサバさはちゃんと女性のそれだしなー。この人のファン層ってどんなとこなんだろう・・・謎な女優さんですね。嫌いというわけではないんだけど。
年末に筋肉番付みたいなスペシャル番組で何故かプレゼンターやっていたけど、すっかりおばはんになっていてびっくり。
女優としての括りは深キョンと一緒の枠(いつも同じ演技、シリアスよりはコミカルの方がボロが出ない、といったところが)だったんですが、ちょっと老けて変な貫禄が出てきていたので、山村紅葉路線に行けるんじゃ・・・と思ってしまいました。

どーでもいいけど深キョンは・・・昔は本当に可愛かったのに、すっかり顔が変わってしまいましたね。

ところで、観月ありさとはまた別の意味で私の中の「綺麗なのに勿体ない」枠には双頭として井森美幸島崎和歌子がいます。
この二人ってお笑い担当みたいな扱いで出るけど、実は凄い美人だよね。みんな忘れてるけど。実は超綺麗。しかも若い。井森なんかずっと同じ髪型だから特に、その変わらなさが驚異的。
出る度に「本当に美人だよなー」としみじみ見入ってしまう。みんなもよく見てみて!
よく見りゃブスならぬ、よく見りゃ美人です。

話は変わりますが、ロンハーのクリスマス前の三時間スペシャも今頃やっと見たんですが、安定の面白さと「なんだかなーもういいよ・・・」と思うところがありました。
私はロンハーにはゲスい笑いしか求めていないので、カレンダー企画とかは正直もういいです。アジアン隅田さんがいない限り。・・・つか、鳥居みゆきはいい加減食傷。個人的に。
そもこの企画って、普段 "ブス・ブサイク" 扱いとされている芸人が奇跡の一枚になる(&なれなくてコケるex.ザキヤマ)というのが面白いのであって、素が美人であることがもう知られ渡ってしまった鳥居が出るのはもう無粋というかぶっちゃけ邪魔でしかない。
しかもあれ、純粋に見て麻木さんの写真の方が良くね?(゜д゜) ハロウィンみたいなやつ。かなり可愛く撮れたと思うよ。麻木さん自体はあまり好きじゃないけど・・・。
あと、どっきり嫌いなので切断タクシーとか個人的に要らないです。ここは好みだけどね。一回目は画面のインパクトもあって面白かったけど、同じじゃね・・・まああの車には金かかってるんだろうし何回か使わないと元が取れないのかもしれないけど。
矢作さんじゃなく見てるこっちが「面倒くせえ」と思ったよね・・・。
でも竜ちゃんは好きw(´∀`)

・・・しかし淳って、矢口にしろ極楽山本にしろ、やたらダメな方・・・ぶっちゃけ "クズ側"(失礼)を擁護する印象があるけど、あれってなんなんだろう。本心? だとしたら嫌だな。あれやっぱり本人も同じ側の人間だからなのかな。
なんとなくだけど(ファンには怒られるかもしらんけど・・・)SMAP中居くん的な人のイメージで勝手にいたんだけど、中居くんより・・・おバカなのか・・・ね。

あっいや・・・Σ(゜д゜;) そ、そうじゃないんです!
 
ほら、中居くんてガチヤンキーで、テレビに映しちゃアウツな感じのリアル友達がたくさんいて、ヤンキー的な意味ではおバカだけど地頭は良くて、結果的に仕切りも上手いし、ヤンキー的に心根は真っ直ぐで、人としては真っ当という感じがするんですよ!一見おバカだけど!
って、すみません。これでもマイルドにしました。 中居くんは嫌いじゃないですよ! 野球好きなとことかいいよね。昭和のおばちゃん的には好感大!(´ρ`∗)←中居くんの方が年上だけど・・・ 
で、淳も似たような感じで、おバカで不良だけど心根はそれなりに・・・と思ったりしたこともあり、「なんでこういう "ダメダメな方" の人ばかりこんなにやたらグイグイ庇うんかな・・・話題作りとか恩義を売っとくにしろ、ちょっとやり過ぎ」と思っていたけど、なんかもうよく分からないというか。これまではそれもそれで面白かったけど、最近はちょっともう気持ち悪いというか。
これは矢口が出てた「クイズ!正解は一年後」(淳司会で一年に一回だけやる芸能界内輪クイズ番組)を見ていて思ったことだけど、ロンハーも遠くなく卒業かな・・・。企画もマンネリで飽きて来たし、最近以前みたいに面白くないし。

たとえクズでもクズとして、ダメダメならダメダメとして、それをネタとして全面に出してくれればいいんだけどね・・・。隠し通せないなら。
犯罪はダメだけど、クズとか別に犯罪じゃないわけで、芸人という職業なんだから、カッコつけずに面白くさえしてくれたらいいと思います。仕事に真摯な人は私は好きです。

あ、クズっぷりを表に出すようになって印象が変わったのが陣内智則ですよね!
(´∀`)

陣内は長い間私の中の嫌い芸人のトップを走ってきた人なんですが(紀香関連の話題が出るかなり前から芸人として嫌いだった)、ここ最近は芸風を変えたというか変えざるを得なくなったというか何というかで、いい人ぶらずにクズっぷりをネタとして出して来るようになってついに好感度が上がってきました。結果的に私としては良かったです。いいよ!面白いよ!w(´∀`)
井戸田も早く完全にこっち側に来ればいいのに・・・そうしたら好きになるかもなのに・・・と思っています。完全に上からですね。すみません。

まあ・・・何度も書いてますが、やはり「嫌い」というのは「好き」の裏返しなんですよね。ある意味同義とも言える。嫌いという強い感情を笠に、とても気になっているわけですから。好きにも色んな種類がある、ということなんでしょう。

ちなみに、「クズクズ」散々言ってますが、あくまで私の勝手な印象です。
全然そう思わないという人もいるでしょう。気分を悪くしたらすまんこってす・・・お前こそクズが何言ってやがる、とでも思って気にしないで下さい(´ρ`;)

最後に、年末の爆笑問題の検索ちゃん」の「芸人ちゃんネタ祭り」で、下ネタ全開のネタを披露したエレキテルに、そのすぐ前に「相方の嫁が下ネタ嫌いで絶対にできないからストレス溜まる」的なことを告白していたナイツ・塙が「俺がやりたいのはこういうネタなんだ!」と興奮してたのが良かったですw
ナイツのネタは私の好みと合わないんですが、人自体は割と好きなのでこういう感じのは面白いです。
この番組に限らず、年末年始は特に色んな芸人が一緒に出る機会が増えるから、芸人
同士の絡みが面白い感じだとこっちも楽しいですね。
あまり馴れ合ってるのはいらないけど。

ちなみに
私が大好きなのは博多とサンドウィッチマンです(´∀`∗)
たけしと完全に被りました。


・・・まとまりのない雑多な感想文ですが、こんな感じのまま2に続くよ!(たぶん・・・)




広告を非表示にする