願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

歯科へ。

f:id:manmaru14:20141116090406j:plain


歯科へ行った。
どうも古い人間だからかうっかりすると歯科を歯医者、眼科は目医者、空港は飛行場・・・などと呼んでしまう。最後のはちょっと半分ネタだが一応明確な区別がありそうな匂いがするが。

 

歯科医にかかる上で難しいのは、医療関係のことなのに「自分に合う・合わない」が大きくあるということだと思う。
うまく言えないんだけど、身体の他の病気や不調で病院に行くとすると、もちろん医師の経験や考え方の違いはあるだろうけど、診た医者や行った病院の方針によって見立てや治療の方向性がそこまで大きく違うということはないと思うんだよね。身体のことだからね。
しかし、歯って不具合を放置しても直接すぐ命に係わるような臓器じゃないからか、一般的に他の臓器よりかなりぞんざいに扱われてしまっているような気になってくるのです。

子供の頃から歯が悪く、更に現在に至るまで転勤族で、歯科は結構行っている方だと思う私の最近の考えでは、歯科医は治療スタンスの違いで次の二種類に分かれている。

言われたことだけをする歯科医
言われたことを終えると他の問題にとりかかる歯科医

前者の治療期間は短い。後者は必然的に長くなる。
が、後者での治療期間が終わると患者の口の中はどこにも全く問題のない健康な状態になっている。(理論上ね)
私が今望むのは後者の歯科医なんだが、後者を求めている患者が前者にあたると悲惨だ。前者を求めている患者が後者にあたっても、キャンセルするなどして行かなきゃいいだけのことだからさして問題はない。
以前通っていた歯科なんか、こっちから「次ここを診てもらえないですか」って言わないと一切やってくれなかったからねw でも、そこはそこで余計なことを一切言わなず今治して欲しいとこだけを治して終わりにしてくれるというので、忙しいビジネスマンなんかには人気があった(ソースは忙しいビジネスマンの知り合い)。腕はそこそこだったが(そこで作った義歯の欠陥を次に行った歯科でかなり指摘された)、それは患者の程度にもよるだろう。

しかし、歯科医側に立ってみると、上記のように患者側のスタンスというか要求に合わせているだけだという言い方もできる。
患者側も歯を他の臓器よりはぞんざいに思っていれば、歯ごときでそこまでしたくないという人も少なくないのは分かる。ぞんざいという言い方をすると語弊があるかもしれないけどね。後回しにしておけると思ってしまうというか。
今の私が求めている「不調を指摘してどんどん治そうとしてくれる歯科医」を「終わったと思ったらまた他の虫歯をみつけてくる、今痛い歯だけ治してくれるだけでいいのに余計なことをして金を稼ごうとする面倒な歯科医」と嫌がる人だっているわけだ。
もちろんちょこちょこ小金を稼ぎたいために治療を延ばす悪徳歯科医もどこかにはいるかもしれないが、純粋に患者を良くしようと思って励んでいる歯医者さんからするとたまったもんじゃないw
きっと医者に同じことをされたら誰もが感謝すると思うのになあw

なので、大抵の歯科では初診時に書く問診票に「治療方針希望欄」みたいなとこがあって、「自費の治療もok or 保険内診療のみで」なんかと一緒に「悪いところは全部治したい or 今痛いところだけ治したい」のどちらかに丸をつけるようになっていることが多い気がする。


それにしても、歯科通いも転勤族の辛いとこの一つですね(´д`)
あれこれ通ってやっといい歯科を見つけた!と思っても、転勤になればそこには通えなくなりまた一から探さないといけない。そしてまた一から自分の歯の状態の説明とレントゲンでの被曝
特に私は生まれつきの病気の影響で歯にも多少影響があるので(私の歯がこんなに悪いのはぶっちゃけこの病気のせいもある)、その説明を一からしなきゃいけないというのがちょっと面倒。もちろん私は面倒でも相手の歯科医は私を初めて診るわけだから、そこはきちんとするよ。

今回はとにかく一年近く前に義歯が壊れて使えなくなっていたため、そこからとりかかることになった。反対側にも大きな要治療箇所がたくさんあるんだが、そっちから始めてしまうと物が噛めない(何せ反対側に義歯がないからね・・・w)ため、まず義歯を!
ところが、義歯を入れるのは下なんだが、一年近くそこに何もなかったため上の歯が下がってきてしまい、スペースをほぼ侵食していることが発覚。一番邪魔な奥歯を抜く必要があるらしい。おう・・・いきなり抜歯ェw(T_T)
・・・まあその奥歯も虫歯が巣食っていて「そのために色々して敢えて残すこともないでしょう」と歯科医に言われるくらいの状態なので、それが最善だと言うならこっちはそれに従う以外の選択はないわけだが・・・。

でも、こういうとき、他の人ならどうするかなと考えることの一つだったりするんだよねー私。
どうしても抜かなきゃいけないほどの状態でもない歯を安易に抜いてしまうことに警鐘を鳴らす歯科医もいるだろう。そりゃ私もできるなら残したい(T_T) そもそも既に自分の歯なんてほとんどないんだよね。だからこれ以上、どーしてもしょうがない理由以外ではなくしたくないというのもある。
でも、現実問題として、私は現在ここ以外の歯科をあたることはできないんだよね。
ここは託児スペースがあって、私の治療中は保育士さんに無料で息子をみていてもらえるのだ。
これは、本当に有難いことです。本当に助かる。

声を大にして言いたい。ありがとう歯医者さん!アンタは世の母親の歯の天使や!デンターエンジェルや!好きだ!(゜Д゜∗) 


基本、息子を預ける場所も相手もいないため、夫が休みの土曜日しか私が病院関係に行くことはできないんだけど、最近夫は土曜も休めないことが多くて、行けないんだよね・・・。

もちろん、更にここは今のとこ治療や方針も信頼できそうな歯科であるのでこのままおまかせするわけだけど、もし万が一、「あー失敗した・・・」と後で思ってしまうようなことがあったとしても、今はこれが縁なので、受け入れておまかせしようと思っているのでした。

あれもこれも、縁。

私は結構この「縁」という考え方をします。自分に関係するものは何であっても何らかの意味があり、人も出来事も「遇(あ)うべくして遇った」と考えるようにしたいと思うのだ。
せっかく邂逅したもの。
なるべく大事にしたいよね(´ー`)



広告を非表示にする