願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

【断捨離】本の処分。

本の整理・処分です。
ブックオフの宅配買取用段ボールです。予定は2箱。
f:id:manmaru14:20141016113050j:plain
はい、今回は前置きなしですw(´ρ`)

 

私の聖域、本。
思い切って処分。予想はしていたがとても時間がかかった・・・

↓手放そうと決心したのに、確認したらバーコードがついていなかったために今回は断念した本。
f:id:manmaru14:20141016141524j:plain

バーコードがないって一体どのくらい前に買ったんだっけ・・・と思って調べたら、本にバーコードが付くようになったのは1990年あたりかららしいです。
ちなみに写真右上『見るなの禁止』という書籍の著者で精神科医の北山修氏はいにしえのフォークグループ、『フォーククルセダーズ』の北山修と同一人物です。バンドを辞めた後に医師になったんだね。すごい。

フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン

フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン

 

 個人的に『悲しくてやりきれない』がとても好きです。


f:id:manmaru14:20141016113120j:plain
今回迷いに迷って手放すことを保留にした『落第忍者乱太郎(落乱)』。言わずと知れた『忍たま乱太郎』の原作漫画ですが、これが面白いんですよ・・・原作を読んだら一気に原作派になりました。



散々迷いながら作業すること五日。

迷いの例→
江川達也の『源氏物語』もいいか・・・あ、絶版になってる(´・ω・`)とっておくか・・・)
奥浩哉の『変』はどうしよう・・・でも名作だしな・・・とっておくか・・・)
(『幽遊白書』愛蔵版は場所をとるし特典もないしどうしよう・・・いやとっておくか・・・)

漫画ばっかりか!(゜д゜)しかもとっておくんかい。


とかなんとかやりながら何とか箱詰め完了。
f:id:manmaru14:20141017090612j:plain
コミック(文庫含む)24冊
文庫 44冊
書籍 21冊
ムック 9冊
絵本 2冊

計100冊!
たまたまちょうど100冊になりました。

文庫は夫のが多いです。浅田次郎がほとんど。本棚は夫と共有なんですが、夫に
「この本棚の中で読み返すだろうから要る、もしくは読まないけど取っておきたい、という本はある?」
と訊いたら
「んー・・・特にない。全部処分していいよ」
という返事だったからビビるよねw(´∀`)←その後何度も確認したがやはり全捨てでという返事だった。
夫は物に全く拘りがなく、物に執着しない見本のような人なんですが、決して片付けが得意なわけじゃないので参考にはならないのが惜しい。執着しないところに尊敬はするけどね・・・。


文庫のあった場所が空き、ちょっと整理したり入れ替えたりして本棚はこんな感じに。

f:id:manmaru14:20141017090654j:plain

右下が黄色いのは『パタリロ』と『BANANA FISH』のせいw
BANANA FISH』、これはフラワーコミックス版なんだけど、かなり古くなってるのと場所節約のために文庫版に買い換えることを検討中。

この本棚は結婚したときに買った『通販生活』のスライド本棚。忘れたけど7万円くらいはした気がする・・・(゜д゜)
これ手放したらこの先もう一生同じものを再び購入できない気がw

これのウリは、一番左の棚がパカッと開き・・・

f:id:manmaru14:20141017090823j:plain
真ん中の棚を左の空間へスライドさせることができる。

f:id:manmaru14:20141017090856j:plain
・・・ってな方式で、スライド本棚につきものである「スライドをさせるための空間が無駄」という欠点を克服したという点。

しかし、見てわかるようにパカッと開く左の棚は棚自体が扉になっていて、本ごと動くようになっている。本を出し入れするのが通常では裏側になっている面であるため、表から背表紙が綺麗に見えるようにしまうと取り出す時にどの本か分かりにくいということがある。でも慣れれば別に気にならない(´ρ`)

ちなみにうちは仙台にいた時に3.11東日本大震災に遭ってるんだが、この本棚以外に食器棚も『通販生活』で買った物なんだけれど、震災のあとにカタログハウスから手紙が来た。
そこにはお見舞いの言葉と、もし震災で壊れていたら無償で交換します、という文言が書かれていて、ちょっと感動した。うちは幸い無事だったから必要なかったけど、こういうサービスは本当に有難いよね。それなりの値段の商品なのに・・・。なかなかできることじゃない。
通販生活』は、失敗だったり私には合わなかったりする商品もあって、しかもどれもかなりいいお値段がするから、丸っきり信者というわけじゃない。でも、いいものも多い。こういうこともその一つ。


広告を非表示にする