願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

情弱だから思うのかもしれないこと

どうも、情弱ッス。チッス。

断捨離やシンプルライフなんかで検索してヒットしたブログを読みに行かせてもらってるんですが、そういう系の、中でもオシャレなブログには
「文字は小さめ」

「行間がえらい広い」
というスタイルが多いなーと感じる。

ナチュラル系のシャレた写真(ブリキのバケツに野の花が一輪、とか)と共に。

いや!良いんだけど!
ブログの雰囲気にも合ってるし、良いんだけど!

しかし、あちこち回っているとどこもみんな同じそういうスタイルで、食傷する部分はある。
きっと元は誰か一人がオリジナルで始めて、それがオマージュとして広まったんだろうなという感じがする。


ぶっちゃけ、私にはちょっと見難い。

ギャル系・芸能人なんかのブログは昔からそうだけど、少し前なら携帯小説タイプというか、とにかく行間が空きすぎていてスクロールが面倒。

しかも大して内容っつか読むところもなかったりする(゜д゜)

               ――――――――――――



今日はいいお天気。

さて、お洗濯です。

真っ白に洗いあがって、気持ちいいー!

応援クリックありがとうございます。励みになります。

           ―――――――――――――

・・・みたいなの。

「応援クリック」とかもよく分からない。要するに何かのランキング(人気ランキングってことか)の順位が上がるということなんだろうけど、それが一体何の得になるのだろう。金でも入るシステムなんだろうか。
おばちゃんには分からない。
いや、全然否定とか批判とかじゃないです。全然いいっす(´∀`) 誤解禁止ね。

ただ私はもう古い人間なので、行間みっちり、フォントも小さめ、改行も少なめ、というサイト(という言い方ももう古いんだろうか)の方が開いた時にテンション上がる(これも死語だろうか)というか、思わず「おおっ!」と引き付けられて読んでしまいます。

あ、ちなみに「古い人間」というのは別にアラフォーだからとか昭和の生まれだから、ということではないのでここも誤解禁止。
歳がいってたってバリバリ新しいものを取り入れて順応して使いこなしている人は沢山いると思うので。感性や意欲に役所のつけた年齢は関係ないでね・・・。
あくまで私自身のみを卑下してるだけッス(´ρ`)w

こういう注釈が必要なほど、近年はそういう「IT系の知識やスキルがあるかないか」に歳が関係なくなってきたと感じる。
例えば若者であっても最近深刻化している貧困層だとそういう機器自体手に出来なかったりもするだろうし、100歳近いお年寄りでも意欲的にPCやスマホを使って孫とコミュニケーションしてたりするし。
団塊世代のテンプレのようにそっち関係は全く分からず、電話料金のネット料金の項目もよく分かっていないうちの親もいるし、「OSって何?」とか言っちゃってる論外(夫です)もいるし、・・・
まあ何が言いたかったかというと、しかし何だかんだ言ったところで私のような中途半端な情弱が一番危ないんだろうなってこった。色んな意味で(´ρ`)
自戒自戒。



広告を非表示にする