願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

こりゃ滅亡か革命しかないなーと思って見てる。

メディアにて消費税は10%に上げるべきか否かの議論をしている今の日本を見て、です(´ω`)


しかし私は何にもできないこの世で最も無力な人種の一つ未就園児持ちのひきこもり型専業主婦なので、なるべく視界に入れないようにするしか自分の精神保健を保つためにできることはありまてん(´ω`)

このまま緩やかに日本は滅んでいくか、壊れる前に誰か有志が革命(比喩じゃなく)を起こすか、本当にそのどちらかなんだろうなーと思っている・・・。


原因は、生まれた時から金の苦労を一度も知ることなくここまできた人間が国会議員の上位のほとんどを占めていることに尽きると私は思っている。

私は安倍さんは好きだが、彼の欠点もやはりそこだ。

 本質的な金の苦労を知らない人間が、経済、庶民の暮らしを左右する政治に携わっちゃいかんとすら私は考えている。


もうね、今ってそういうボンボン二世がほとんどなんですよ。
それって異常だと思うよ、私は。

一般庶民の金の苦労を一度も知ることなく、「必要だから」って税金だけを上げていく。
自分たちは身を切らぬまま。(議員定数削減とかどこ行ったの?)

・・・ん?それって何かに酷似してね?(゜д゜)
と、激しい既視感を感じて自問したら、低学歴主婦の私にもすぐ思い出せた(´∀`)


フランス革命ってこんな感じで起きたんじゃなかったか?(゜д゜)

と。

生まれた時から庶民の生活を片鱗も知らぬ貴族議員が、「必要だから」って税金ばかりをどんどん上げていく。
知らねーよ、そのうち暴走した野党から突然ロベスピエールみたいなの出てきちゃっても。

そりゃ金なんかいくらだって必要だろうよwwwwww
いくらあったって足りるなんてこたないだろうよwwwwwwwww

しかし彼らは生まれた時から金が足りないということを知らない人生しか知らないので、こんな当たり前のことが分からないんですよ。

「足りないなら収入を増やせばいい」
しかないんです。
収入というのは子供の頃は小遣いであり、大人になってからは国民の税金であります。
「足りないから支出を減らそう」
という考え自体が存在してないんです。

なぜなら、そのように育てられたから。

一般庶民ならまず支出を減らそうとする、その感覚が彼らには最初からないんですな・・・(´ω`)

これは怖いことですよ。本当に。

子供を育てているからしみじみ分かることがある。
三つ子の魂百まで。
金の苦労を知らないで育った人間は、政治家になったって国民の金を自分と同じようにしか考えられない。
本当に歯を食いしばって金を手にしたことがない人間には、金の有難みなんかわからんのです。
でも、彼らが悪いんじゃない。

そこに問題の暗い根がある。



・・・
ま、どーでもいいんですけどおw(´∀`)


私にゃ関係ないね。関係があったってどーすることもできないもん。

だから、物を持たない生活に移行して、物じゃない幸せを感じられるように生き方自体を変えていく。
庶民にできることはそれしかない。

分かってんのかね、彼ら。
昨今流行りのこういうロハススローライフ?エコ?的な考え方も、もともとは景気の悪化・物価の上昇・暮らしにくい生活・・・そういうものが原因にあってこそ、人々の意識に変化を起こしたものだってことを。
そして、みんながこういう考え方をしてそういう生き方をするようになればなるほど、政治家先生方が考えている「景気回復」からはほど遠いところに向かってしまうということを・・・

物を買わない。
消費しない。

それは、政治家にとっちゃ困る「経済が派手に回らない、小さい社会」だ。

自分たちの愚策が結果的にこういう形で帰って来つつあることに、誰か本当に気付いている政治家はいるんだろうか。

ま、どーでもいいけどな。






広告を非表示にする