願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

ノートを整理していたら・・・(ハムとダイコンの話)

断捨離にて、メモ用にとちょっとばかり残していたらしきノート類の整理。

ペラッとめくってみたらこんなのが書いてあった。
f:id:manmaru14:20140913095603j:plain
あ、ちなみに、断捨離してたら、という話なので一応断捨離タグをつけましたが、ネタとしては直接断捨離とは関係ないただのどーでもいい雑談なのでご注意(゜д゜)w

 

一部分を拡大してみる。

f:id:manmaru14:20140913095632j:plain
(※「ここ。」というのは後述しますが、とりあえずここでは無視してください
<(_ _)>)


・・・・・・。


これは・・・


何年か前にハマっていたmixiのゲーム『ひつじ村』の、市場での物々(ぶつぶつ)交換レート表(※手書き!(゜д゜)


はい、『ひつじ村』という農場系育成アプリゲームがありましてね、私はもうやってないんですがゲーム自体は今もあると思うんですが、当時それまで流行っていた『サンシャイン牧場』や『みんなの牧場』みたいな、画面上の決まったセル区画に種を植えて水をやって時間が来たら育っている作物を収穫するの繰り返し・・・基本的にそれだけ、という農場育成系ゲームと全く違い、種を植える場所もレイアウトも全て自由!時間を進めるのも自分の自由!グラフィックも綺麗!という、その当時としてはもう頭三つくらい抜きん出たアプリだったのです。

データ量も同じように抜きん出ていたためフリーズすることも多かったわけだがw


・・・で、このゲーム、市場で物を交換して色んな物を手に入れていくということが進行の基本でして、「何が何と交換できるのか」が細かく厳密に決まっていてですね、ゲームを正しく、且つ楽しく有意義に進めていくためにその交換レートというか交換ルートと言うか・・・まあそれ一式が頭に入っていることが必須なのです。

例えば・・・

f:id:manmaru14:20140913095632j:plain

はい、さっきの画像をもう一度ご覧下さい。
はい、ここです。ここで初めて「ここ。」というところに注目。

・・・はてなブログの仕様で、元が同じ写真だと加工しても同一と認識されてしまうらしく、加工前と後の写真を別に貼り付けたくても、最新の画像にどちらも上書きされてしまうんですねorz 
と、それはおいといて、

「トリュフ1個」が「若いブタ一頭」か或いは「ハム干し箱」と交換できることになっていますね。


「ハム干し箱」というのは、「この箱の周囲にブタの肉(成ブタから二個とれる)を置いておくと(日にちを進めると)ハムができる」という、何だか得体の知れない魔法の箱です。
その仕組みは杳として知れないわけですが、とにかくハムを作るにはこの箱がなきゃ不可能ってことです。
そしてハム干し箱を手に入れるにはトリュフをゲットしなきゃならないってこった。

ところがこのトリュフというのは決まった季節に、しかも偶然にしか見つけられないもので、よーするに、なかなかトリュフに出会えないといつまでもハムを作ることができない、ということになったりする(実際はその相応のレベルになればうまく出現させてくれるようになっている気はするが)。


あと、知っている人にしか分からないネタで申し訳ないんだが、個人的にツボだったのでこれも貼ってみる。

f:id:manmaru14:20140913095711j:plain

これは、
成ブタ一頭をつぶすと―<中略>―ダイコン108本になる
というのを計算してみた図です。

これの何が面白いかと言うと、ブタ(及び家畜全般)を育てるには餌をやらねばならず、その餌として色んな面で一番適しているのがダイコンなんである。
ダイコンを手に入れる方法は他にもあるんだが(もちろん種をまいて育てるとか)、ある程度ブタが増えるとこれが一番効率的なダイコンのげと法なんである。
ブタを育てるためにブタをつぶしてダイコンに変える・・・というループがシュールでちょっとツボだった、というね(´∀`)

と言ってもブタだけじゃなくほとんどの動物の餌としてダイコンは使われるので、シュールなループじゃなく単に合理的な方法ってだけなんだけどね!


もちろんこのノートもさよならしたよ!






広告を非表示にする