読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

東京の空 2

1はこちら。続き物じゃないです。東京生活というテーマの枠なので、何となくまとめてみた次第です。気にしないでくださいw


東京へ来て8カ月。

 

他の土地よりも格段に慣れやすいのは、やはり都会だからだと思う。
月並みな言葉だけど、さすが東京。やっぱり便利。田舎に比べれば店があるし、店があるし、店があるし、店があるし・・・。
主婦なこともあり、私にとってはやはり徒歩圏内にスーパー等の店があることが重要だ。

意外と、人も、田舎よりも逆に親切だったりフレンドリーだったりするよね・・・(´д`∗) 
下町気質とでも言うのか、見知らぬ関係にふと生じる会話というものが他地域よりかなり多いと感じる。
東京いいわー!ずっと住んでもいいかも(ただし会社から住宅補助が出る限り。自力ではとても無理)! 
・・・なーんて思っていたんですが、しかしそのうち、やはり物事にはすべて両面あり、当たり前なんだけれども東京の生活も良いことだけではない・・・ということを、あくまで日常の生活レベルの話でだけど、実感し始めた。

東京は日本の中心だから当然ものが集まる中心であって、良くも悪くも「いろんなもの」に於いてその種類が多いから、たまたま悪いものにあたる、ということが田舎よりも確率的な意味で多くなるんじゃないのかな。
田舎だと、万一「悪いもの」しかない場合、それは100%なのでキツイが、諦めるより他の選択肢がないので、結局のストレスは案外少なかったりする。(例えば近隣にはあまり安くないスーパーその一軒しかなく日常的にはそこでしか買い物ができないとか)また、それとは逆説のように聞こえるが、あまりに「悪い」とよほどの過疎地でもない限りさすがに人はつかず、現実的には存続ができない。だから、実際は「そこそこ良いもの」「普通のもの」がほとんどとなる。

だけど、東京は違う。
とにかく人口というサービスの受け皿が極端に膨大だから、「良いもの」や「普通のもの」のほかに「悪いもの」「あまりに悪いもの」も存続できてしまう。これこそ大都会の落とし穴、怖いとこだなーと思った。


例えばTMGという配送業者。

これまで東日本の地方都市住みで、宅配会社と言ったらヤマト、佐川、日本郵便(、たまに西濃)しか知らなかった私からすれば有り得ないミスをやらかしてくれたこの業者、しかしちょっとググったら出るわ出るわ苦情が・・・それもごく単純な『届くのが遅い』だの『不在票が入っていない』だのが・・・。
最初に断っておくが、私はTMGの中の人一人一人が悪い人なわけではないと思う。ここは大事なのできちんと書いておく。
実際に働いている人たち、特に現場に出て配送をしている人たちは一所懸命やっていると私は思っている。実際に接する人の印象がそうだから。
批判の保険じゃなく本心で。
ただ、企業としてまだしっかりしていないと感じる。
多分、まだそこまで大きくやっちゃいけない会社なだけなんだと思うんだよね。例えば西濃みたいに、ある地域だけに密着してそこでだけ手厚くやってりゃここまで問題も起こらないだろうっつー、そういう規模の企業というか。
手広く請け負うそういう技術もシステムもできていない、発展途上の企業。大企業の委託なんて間違っても受けちゃいけない、そんな会社。

問題は、ここが西友のネットスーパーの配送業者をやっている、ということなだけで・・・(゜д゜)

よく知らない人のために説明すると、西友のネットスーパーは、生鮮など近くの店舗から西友の人が直接配達してくれる便(ネットスーパー便)と、まとめ買いなど倉庫センターから宅配業者で配送してくれる便(配送センター便)と二種類ある。
TMGが請け負っているのは後者。
ちなみに西友のその配送センター便を請け負っている配送業者は他に二社あって、日本郵便カトーレックというところらしい。
うちは以前住んでいた仙台でも西友のネットスーパーを利用していて、そこでは配送便は日本郵便の担当だった。ので、当然何の問題もなかった。というか、そもそも仙台では宅配業者は全て良い意味で空気のようなものであり、こちらの思惑を外れるようなことをしたり、ましてや指定した時間に来ないなんてことで日常の意識に上がるような存在ですらなかった。

東京に移り住んで初めて知ったこのTMGという会社が最初(にして最悪)にやらかしてくれたのはある冬のことだった。
実は当時はセンター便の注文時、配達日時指定をしていなかった。最短で届けてもらった方がいいし、大抵家にいるし、もし外出していてもその時に改めて日時指定して再配達してもらえばいいし・・・と呑気に思っていたからだ。
その日、配達時に在宅していたはず(出荷完了メールが来るのでいつ届くかは大体分かる)なのだがチャイムが聞こえなかったらしく、不在票が入っていたため、翌日の朝9時に電話した。
すると、その日の配達は午後6時からということで(そもそもこれにもモニョる・・・今って24h自動音声受付が当たり前なのに、つまり日中の再配達を希望するなら前日までに連絡しなきゃいけないということ・・・)、18時~20時でお願いした。

しかし、来ない(゜д゜)

20時を10分過ぎたところで嫌な予感がして電話してみた。そしたら、ピーピー言って繋がらない。もう一個の番号の方にかける。男の人、説明すると「確認して折り返しご連絡します」とのこと。ここでは謝罪の言葉はなし。
20分経過、再度電話してみる。なにがしかはっきりして貰えないと息子を風呂にも入れられない。
「あのー、これこれこうなんですが・・・先ほどもかけたら折り返し連絡をすると言われたんですが、全然かかって来ないので・・・いつになりますかね」
今度は女性が出て、こう言うと大変申し訳ないと謝ってくれた。至急確認して折り返すとのこと。
10分後に電話が鳴った。この時点で20:40。電話は担当の男性ドライバーからだった。配送指定日時を勘違いしていたと言う。申し訳ないと謝った上で、しかし荷物の都合で今日はもう配送できない、と言う。

は・・・?(゜д゜)

・・・いや、こういう経験が幸いこれまでの人生でないもんだから、びっくりしたんだよね・・・
思わず頭に来てしまったんだよね。
頭に来すぎて何を言ってるのか分からず一瞬言葉が出て来なかったが、怒りを抑えて普通に受け答えし、後日の約束を取り付けて切った。
ちなみにそれは私が温厚だからでもできた人間だからでもない。単に、住所を知られている人間を相手にした時の、うっかり恨みを買って火を付けられたり待ち伏せて刃物で切り付けられたりしないために常日頃から私が肝に銘じている自衛だ。守るべきものがあるとき、人は一番弱いからね・・・

結果的には後日、指定し直した時間に届き、とても申し訳ないという態度で真摯に謝ってもらったので、自衛じゃなく快く許した。

その後は問題なく届くこともあったが、ある時箱を開けたらタバコの匂いが充満していたり、なんというか・・・基本的な何かに欠けていると感じることが多く、一応西友にもクレームを送っとくか・・・と、送ろうとした。
しかし、西友へのクレームは

電話 : 待っている間も含めて有料・且つ最低15分は待ち続けないとオペレーターに繋がらない
メール問い合わせ : フォームの文字入力が何故か
強制半角カナ(変換して平仮名や漢字にできる。その後改善されたっぽいが)で甚だ打ち辛く、更に一定時間が経過すると確認ボタンを押した瞬間にリセットされるため、一生懸命打ってもうっかり確認ボタンを押してしまったらおしまい、ブラウザバックすると一生懸命打ち込んだ文章は全部消えている

という鬼仕様なため、結局していない。

その後、いまのとこTMGとはうまく付き合っています(´∀`) 注文時から時間指定は忘れないようにしている。(それでも指定通り来ない時もあるけどorz)
本当はビクビクしながら待つのは嫌なので止めたいんだけど、オムツが安いんだよね・・・
実際届けてくれる人はいい人だしさ・・・


話は変わって、あと東京に来て感じたカルチャーショックと言えば、とっくに廃れたと思い込んでいた固定電話へのテレフォンセールスだよね。電話勧誘。

いやーまだあったんだね!
固定電話はあることはあるけど、最近の大概のお宅と同じように、何かの時のために一応とりあえずあるというだけのものなので、日常的にかかってくることはほとんどない。だから突然鳴るとびっくりする。
役所や銀行などの届は固定番号の方で書くことが多いから、何かの大事な連絡かと思って話を聞くと「大事なお客様だけに・・・」とか始まる。
あのな、

大事なお客様ならいきなり電話してくんなと(゜д゜)

しかも大抵メアド登録してるとこなんだよね。緊急でもない単なるお知らせなんてメールにしてくれよ(゜д゜)!

・・・とは実際には言わず(火をつけに来られたら怖いので)、柔らかい口調で「ああ・・・申し訳ないんですが、うちは結構です、すみません」と言って穏便に切るのだが、人生の限られた時間を無駄にされた感は計り知れない。(普段もっと無駄なことに時間を費やしているにも関わらず。多分、無駄に「一体何!?」とビビる、というのが心的負担として重要なんだと思う)


          ―――――――――――――


最後に、東京に来て8ヶ月、すごく「典型的な天候」の土地だなーと感じる。
これは関東圏以外に住んだことがないとなかなか分からない感覚かもしれない。
例えば、空がみるみるみ暗くなってきて、「もしかしたら来るかも」と思って洗濯物を取り込んだ直後に雷雨が始まるとか・・・。マニュアル通りというか、「すごい!漫画みたい!(゜д゜∗)」って感動してしまう。
うまく言えないんだけどw

とにかくとても過ごしやすい気候の土地だよね。東京って・・・(´∀`)

仙台ってあまり知られていないけど結構気候が外道で、夏の湿度なんか80%とか普通なんだけど(梅雨時なんか97%とかしょっちゅう)、東京の梅雨時のニュースで「今日の湿度は74%もあって・・・」とうんざりしたような調子で言っているのに驚いたよね・・・かなり低い、それ。
あと、これも知られていないけど仙台はすごく風が強いから、洗濯物がピンチで止めていても飛ばされたり、自転車がこげなかったり、屋外でバドミントンができるような日は年に1~2回あればいい方だったりする。
あと、東京のようにはっきりした天気じゃなくて、ぼんやり滲むように晴れていたりとか、薄曇りで明るいとか、そういうのが多い。
晴れならぱきっと青空、だよね東京って。
風のない日も多いし、一年通して本当に過ごしやすい、穏やかな気候だなーと感じる。
まあだからこそ、あらゆる意味で脆弱になってしまうのは仕方ないんだろうか・・・などということも思ったり。都市機能も、人も。
でも、都市機能はさておき、人は穏やかというメリットは結構重要だし、それはそれでいいと思う。
何もかも首都向きってことで。いいと思います、はい(´∀`)



広告を非表示にする