願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

タンスの塗り替え

夫が独身時代から使っていた小さいタンスがある。高さ60×幅88×奥行40cm。
夫はクローゼットや押し入れに入れる形で使っていたのだが、結婚してからは住む部屋の間取りや収納スペースの関係上、普通に部屋に出して置くように。

夫はファッションに興味が全くない。
付き合って初めてこのタンスを目にした(そしてこれに下着から厚物まで全てが収まっていると聞いた)時、その小ささはかなり衝撃的だった。世のほとんどの女性の例に漏れず私も服に埋もれ、とにかく部屋の片付けというと第一が服の整理(第二が書類と本の整理)という生活しか知らなかったからだ。
その後私が夫の服を色々買い替えたり買い足したりして、さすがにこのタンスでは収まりきれなくなっていたのだが、よく一人でキレてしょっちゅう物にあたっていた私と違ってorz 穏やかな性格の夫が綺麗に使っていたので捨てるには勿体なく、かと言って売るとかはちょっと・・・もともとそんないいもんでもないし・・・なもんで、まあ騙し騙し(というのは変な言い方だけど)使っていたんだけれども、3年前に子供が生まれるにあたりこれは幸いと子供用にすることにして、夫には『通販生活』の桐のタンスを購入した。

前置きが長い。

そんなわけで息子の衣類を入れていたんだが、意外と子供って服がいるんだよね。
服自体のサイズが小さいので枚数が入ることは入るんだが、何かと大人よりも必要なアイテムが多かったりして、最初赤ん坊の頃は「わあぴったり!可愛い!」なんて余裕に思っていたのがすぐに足りなくなり、プラスチックの衣装ケースを買い足したりしていたんだが、もう面倒くさい!とつい最近になってようやく大きなタンスを買った。
と言ってもうちは慎ましい所得世帯の転勤族、将来処分もしやすいようにプラスチックのです。
天板付、後ろも横も覆われているタイプなのでプラ収納タンスの大きな欠点である後ろや横が開いていて埃が入るというのがないのに惹かれた(´∀`) さすがこの間『プロフェッショナル』にも出ていたアイリスオーヤマ

で、その小さいタンスは捨てるのもなんなわけなので、居間に置いて書類などを入れるチェストっぽく使おうと思い、ナチュラルな、言い換えれば本当にいいものじゃないと安っぽく見える(実際普通に安物だと思う)色を私の好きなレトロっぽい濃い茶系に塗り替えることにした。

・・・もちろんDIYは普通程度に素人ですが、何か?(゜д゜)

素人なので、素人っぽく流行りのオイルステインに惹かれる私。
ネットで軽く下調べをし、ホームセンターへ。目当てのものがなく、仕方なく油性カラーニスのウォールナットを購入してみる(この辺が私がお菓子作りに向かない理由)。刷毛とサンドペーパーも。薄手のブルーシートも一緒に購入。
でもまた調べたらオイルステインは生木じゃないと不向きらしく、結果的に良かった。

家事や育児やぐうたらの合間にちょこちょこと#320のサンドペーパー(以下ヤスリ)でタンスの表面を擦る。ちまちまが不安になって一度#240にしたら楽に削れたものの、かなり表面が荒れてしまったためすぐ思い直して戻す。

道具は使い捨て前提なので容器は豆腐の空きパックなどを利用。ぺたぺたとどんどん塗っていく。

f:id:manmaru14:20140221093216j:plain

右の濃い茶色が塗った後。左のナチュラルな白木色が塗る前。この引き出しだけ取っ手のつまみが一つだけどうしても外れず、ネジ頭もボロボロになり、急遽注文したネジザウルス待ちだった。

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

 

↑これは、素晴らしいね・・・(゜д゜∗) 

結局ネジが中でイカレてたから金槌でツマミを叩き落とす作業が間に入ったけどね・・・。

この一度塗りの後、二日くらいこのまま置いて乾かし、今度は#400ヤスリをかけ、二度塗り。
何となく茶色が明るいように思えて、もっと暗くしたくて買ってから数年は経っている墨汁を混ぜてみる。
いい感じにはなったんだけど、ちょっと失敗だったのは油性カラーニスなので墨汁と基本的には混ざらないんだと思う。だから入れると底に溜まる。混ぜながら塗っても、科学的に完全には溶け合わないんだろう、だから、底を攫って刷毛に墨汁の割合が多いと、塗ってもなじまず墨汁が表面から弾かれて粒上になる。そしてそこはかなり乾き難い。
うっかり触ってその粒の膜を壊すと、もろ墨がついたよ・・・(つд`)

まあ素人が「素人の出来栄えでいいやー」と緩くやった作業なんで、DIYに詳しい方がいたらこの記事は生温かくニラニラしながらスルーしといて下さい。

そんなわけで二度塗り後、時間をかけて乾燥。
新しくネットで買ったツマミを取り付け・・・

ネジが長い(つд`)

・・・

 ネジを切断するか一瞬考え、ネットで調べ、そこで目にしたナットという方法に思い至らなかった己のバカさにげんなりする。
またホームセンターへ。
余談だが、ちょっとどこへ行くのも何をするのも齢二歳の息子を連れておらねばならぬのが、ちと苦労ではある。

悩んだ末、金属ナットと微調整のためゴムのワッシャーを買う。

f:id:manmaru14:20140225163655j:plain

f:id:manmaru14:20140225163823j:plain

↑こんな風に付けた。順番とかは分からぬ。だが、使えさえすればよいので、もし違っていたとしてもどうということはない。

こちらが一応の完成である。

f:id:manmaru14:20140225170521j:plain

最後、かなり迷ったが、#800のヤスリを部分的にかけて仕上げた。ザラザラしたところが気に入らなかったのが滑らかな手触りになり、アンティークっぽさも増した(自分的に)。

なぜか口調がところどころ松田道雄翁になってしまったが、別段気にすることはない。

 ちなみにツマミは金属の渦巻。本当は輪っかがユラユラする、和ダンスに付いているようなのにしたかったんだが、合うサイズが見つからずこれにした。
昔これにそっくりのかりんとうがあって好きだったなー・・・(´ー`)



名著

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

 

育児の古典として、離乳食のくだり等、現在ではそのまま参考にできない部分もあるが、それを補って余りある、すべての育児中の母親を勇気づける愛情と医師としての確かな含蓄に溢れた全三冊。

 ↓うずまき繋がりで伊藤潤二

うずまき (ビッグコミックススペシャル)

うずまき (ビッグコミックススペシャル)

 

↓ 潤二好きで猫好きにはこちらもオススメ。

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)