読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

ボーダー(境界性パーソナリティー障害)

私の幼稚園関係の付き合いの仕方には転勤族の悲しみも関係している

年明けから色んな理由で更新できないことが続いていますが、やっと春休みだーと思ったら存外忙しく、特に幼稚園のお友達付き合いに息切れを起こしている石ですよ…。←などとダラダラ書いている間にうっかりその春休みも終わってしまいました(´∀`)(※昨日始業…

私の「超・不安気質」の真相

不安の多い生涯を送って来ました…。(『人間失格』っぽい書き出し)多いというより、不安があるのが普通の状態。子供の頃からそうだった。むしろ子供の頃の方が自分の意思で生活を変えられないので根本的に逃げようがなく、日々のほとんどは不安との戦いであ…

「私のダメなところ」の具体例。

日頃自分がダメダメであると言いつつ、いざ書いていると具体例があまり思い出せずに悔しい思いをしているわけですが、そういう感じの例を思い出したので書いてみるという小ネタです。 パンは甘いやつより断然惣菜パン派(´∀`)

インナーチャイルドの救出~自分への「禁止令」を知る。

今日はいつも私が気付きと参考を与えてもらっているこちらのサイトさんから、AC(アダルトチルドレン)の皆さんへインナーチャイルドの救出に役立ついわばライフハック的な方法を。<a href="http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-2604.html" data-mce-href="http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-2604.html">唱えて気づく禁止令やチャイルドの思い -あるがままの自分を取り戻す</a>nakaoso…

「子供の人権を認めない」とはどういうことか~私が現在の息子と自分に対して向き合っていること。

息子に接していて、自分の息子への態度や対応に私自身が両親から受けてきたそれらの影響が悪く出ていること(世代連鎖)を日々感じずにはいられません。もういつだったか忘れたけどそれに気付いた日からこれまで、再発見・再認識・改善への努力をする日々を…

表面的な会話が好き。

表面的な会話が好きです。

インナーチャイルドとわたし

私が「激情型ボーダー」で良かったと思う唯一のこと。

すみません、何と言ったらいいのか分かりかねて「激情型ボーダー」なんていう中二くさい表現になりました(´д`)ゞ

夫のこと。4(まとめ)

(前回まではこちら→1 →2 →3) 一応この回でこの記事は終わりです(´∀`)長かった。

夫のこと。3

→1→2 の続きです。

夫のこと。2

→1の続きです。実は自分でもあまりに毎日一日中この記事にかかりきりすぎてて、既に飽きてきてもうイヤんなってきたので、さくさく書いて完結させてしまいたい(そしてもっと簡潔にまとめたい)ですw(´ρ`;) 長すぎですみません・・・

夫のこと。1

今回は初めて夫の話をしようと思います。夫について、夫との間にしばしば起こる 「軋轢(一般的には 「喧嘩」 なんですが・・・これについても後述しますが)」について、夫の心にある問題について、というのはここにもずっと書きたかったことなんだけれど、「…

蛭子さんに憧れる。~一般的デリカシーがない気がする自分への悩み

多分だけど人にはそれぞれ "何となくピンとこない言葉" というものがあると思う。私の場合それは「プライド」が一番なんだけど、「デリカシー」も、そう。これはきっと他人とプライドやデリカシーを感じるところが違うからなんじゃないか、と思っている(´ρ`)…

「また一人友達を失くすのか・・・」という話

かなり昔からの友達で、でも今後の付き合いを一体どうしたらいいのか、結構長い間悩んでいる相手がいる。

気持ちの断捨離。

断捨離を始めてから何故かなんとなく自分の気持ちにも変化が起きてきたことをいくつか書きました。今回もそういう話です。

貧弱貧弱ゥ!!

最近妹が突然『ジョジョ』に目覚めてしまったようで、アニメを欠かさず観てコミックを全巻(全シリーズ)揃え、あろうことかフィギュアまで買い出し、「お、おう・・・」という状態の姉です。ちなみに姉の方はオタク歴25年(以上)の生粋のオタクなので、そんな…

私がなぜ蝶野になりたいか。

蝶野になりたい。いつからそう願うようになったのか分からない。私は外見だけでいいから蝶野になりたい。角田や武藤でもいい。私が高嶋ちさこに甚だ失礼ながらシンパシーを感じるほどの爆弾キレキレ女であることは書いたが、(特に家族を持ったり増えたりす…

“他者” に支配される~ボーダーとわたし

#143174646 / gettyimages.com さて、ボーダー(境界性パーソナリティー障害)に【自己】がないこと、そしてそれによる苦しみについてグチグチと書いているわけですが、その具体的な例としての私自身についての話をします。まさに他人と自分の境界・ “ボーダ…

ボーダーとわたし 2

#79366517 / gettyimages.com ちなみにボーダーについて書いた日記は右にあるカテゴリー【ボーダー】にまとまっています。「2」としつつ特に続きというわけじゃないので、今後もタイトルはそのへん適当にみといてください(´ω`)ゞ私はまだ医師からはっきり…

メンタルクリニック

そういえば少し前に予約していたメンタルクリニックへ行ってきたわけですよ、メンタルクリニック。夫が休みの日に、息子を見ていて貰ってね。ちなみに、とにかく子連れでは行けない場所に行かなくちゃならない場合、夫の休める土日しか物理的に行けない。そ…

パーソナリティ障害

きちんとした書籍を持っていなかったので、こちらを 買ってみました。 パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書) 作者: 岡田尊司 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2004/06 メディア: 新書 購入: 58人 クリック: 1,188回 この商品を含む…

ボーダーとわたし

たまに、人生を棒に振ったまま死ぬ瞬間のような、どうしようもない、なんとも言い難い感情のただ中に放り出されることがあるが、それは私が人生を「懸命に」生きていないからなんだろうなーと思う。 私は人生を「諦めた」のが随分早く、多分小学生のうちだっ…