願わくばまんまるく、徒然。

願わくば道端の石のように穏やかに、永遠の傍観者に。

2018-06-18から1日間の記事一覧

泣くのがいやなのは…

泣くのがいやだと思う時がある。自分にはその資格がないと感じる時。涙を流していいのは、その代価を払った者だけだと思う。毎日を必死で生きている人だけが、辛い話や心を動かされる話に触れて泣いていい。一生懸命生きている人だけが、泣く資格がある。テ…